お知らせ

日本からハワイ到着後の隔離回避措置は11/06から(10/28更新)

2020/10/27 by editor-Q

ハワイ州外からの到着客は今も原則、到着後に14日間の隔離が求められます。

しかし、ハワイに向けた出発前72時間以内に受けた、PCR検査の陰性結果を
事前に提出するなどで、この隔離を回避するプログラムは、10/15より検査機関は
米国内のみ、実質的に米国民に対してだけで、開始されました。

それが拡張され、日本国内のハワイ州が指定した検査機関で受けたPCR検査の
陰性結果の事前提出でも、11/06より隔離免除のプログラム対象になることが、
本日(ハワイ時間10/27)ハワイ州知事より発表されました。

ハワイ州より指定された日本国内の検査機関は、本日の発表では全国21か所、
北海道(札幌)1、首都圏15、愛知3、関西(大阪、兵庫)2、となっています。

この検査機関のリストや、事前検査プログラム参加の条件など詳細は、
下記リンク先のハワイ州観光局などの公式サイトをご確認ください。
ハワイ州事前検査プログラム医療機関発表について

ただし、ハワイ到着後の隔離は回避できても、日本帰国後は水際対策措置として
検疫が強化されており、日本国籍者でも公共交通機関を利用しないことや、
14日間の待機(自主隔離)などが要請されます。
こちらの詳細は、下記リンク先の日本国厚生労働省ホームページを、
ご確認ねがいます。
「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」

これらの条件で、日本からハワイにお越しになられる皆さまのお申込は、
11/06分ご予約分より再開いたします。

なお、ハワイのゴルフ場では、感染症対策で以前とは多少異なるルールも
ありますが、お申込前に詳細をお知りになりたいかたは、お問合せください。

PICK UP MENUピックアップメニュー

PAGE TOP