ホーム知っておくと便利! ハワイのゴルフ情報大町昭義プロからハワイでゴルフを楽しむためのアドバイスタートルベイ・アーノルド・パーマーコース攻略法 バック・ナイン

アーノルド・パーマーコース攻略法 バック・ナイン


より大きな地図で タートルベイ・アーノルド・パーマーコース フロント・ナイン全景 を表示

# 10 パー4 / 359ヤード

10番 パー4
後半9ホールは前半とはがらっとイメージが違うことでも有名なアーノルドパーマー設計の林間コースで、意外に風の影響は受けないですが、木の上にハザードがあるので、気をつけてください。まっすぐですが、フェアウェー右側からグリーン手前まで池があり、左に大きなバンカーがあります。バンカーの右サイドに打つといいです。

 


より大きな地図で Turtle Bay 10番ホール を表示

# 11 パー4 / 369ヤード

11番 パー4
コースの中で一番長い、そして難しいパー4です。右にドッグレッグ、グリーンまで池があります。自分の持っている玉質をコントロールしてください。ティーショットはややターゲットを左にしながら右に曲がるフェードボールでチャレンジしましょう。

 


より大きな地図で Turtle Bay 11番ホール を表示

グリーン手前は右と左が川ですが、この11番ホールはこのコースで一番メモラビリティーの高い、思いでに残るホールです。グリーン手前はウォーターハザードと呼ばれる黄色い杭で囲ってあります。入ったところと、ピンを結ぶ後方線上に玉をドロップすることができます。ティーショットを絡む右にはナテラルウォーターハザードと呼ばれる赤い杭は後方にドロップする場所がありますので、ルールを学んでそれに従ってください。池を越えて戻った場合ホールに近い付けなければ池より前にドロップすることも可能なので、有利になる場合もあります。

# 12 パー5 / 442ヤード

12番 パー5
ティーショットは右も左もトラブルがほとんどありません。右にバンカーが2つ見えるだけですが、ティーショットのボールの落ち所が見えません。そこから下っています。右、左に立っている大きな木の間を狙って打てばフェアウェーです。2打目には、フェアウェーと同じくらいの幅の大きな池が左にありますから、ティーショットセンターからやや右目の2打目を打つと、2オンも可能です。

 


より大きな地図で Turtle Bay 12番ホール を表示

ピンの見える位置に来ました。グリーンの左に大きな池がありますが、池やトラブルを毎回避けているとゴルフは上達しません。時には果敢にピンを狙って行きましょう。時々このような場面でチャレンジしてミスもしますが、成功すれば喜びも大きいです、ゴルフの醍醐味です、トライしてみましょう。

# 13 パー3 / 172ヤード

13番 パー3
グリーン手前と左奥にバンカーがあります。グリーンの右に大きな池があるので、ゴルファーにとってプレッシヤーになりますが、実際には木の上には風が強く吹いています、一番手大きなクラブを持ってください。

 


より大きな地図で Turtle Bay 13番ホール を表示

# 14 パー4 / 364ヤード

14番 パー4
左に軽く曲がっていて、グリーンは左の林の下にかすかに見えます。ティーショットは距離の出る方で左バンカーの上に打ちます、距離の出ない方はフェアウェー中央のバンカーの上を狙って打ってください。距離はないホールで、フェアウェーも広いのでのびのびとゆったりと大きく振って距離を出しましょう。
グリーンの後ろはOBです。

 


より大きな地図で Turtle Bay 14番ホール を表示

# 15 パー3 / 149ヤード

15番 パー3
グリーンが高くなっています、砲台グリーンです。バンカーが左手前にあって砲台グリーンに見えませんが、近くに行くとわかります。転がって乗ることはないので距離を見て、キャリーのボールで、グリーンに乗せて行きましょう。

 


より大きな地図で Turtle Bay 15番ホール を表示

# 16 パー4 / 397ヤード


より大きな地図で Turtle Bay 16番ホール を表示

ストレートからほんの少し右に曲がっています。距離がありますが幾分打ち下ろしなので、ティーショットのランで距離がかせげます。ところが、グリーンの手前100ヤード位に大きな池がありますので、2打目の距離感が難しいショットになります、やや右側から攻めていきたいホールです。

# 17 パー4 / 375ヤード

17番 10個のバンカー

10個のバンカーが

シグネチャーホールといってコースの中で一番有名なホールです。10個のバンカーがあって、ゴールドティーから打つと、あまりその影響がないので、ここのホールに限ってはブルー・ブラックティーから打ってみることをお勧めします。グリーンの後ろはOBです。グリーンから後ろを振り向くと、10個のバンカーが見えない設計です。

 

17番 パー4

パーであがりました

感想:白マークから3番ウッド、アプローチウッドで攻めて2パットパーであがりました。距離的には長くないですが、難しいグリーンがあって、素晴らしい景色に見とれているとボギー、ダブルボギーになりがちです、パーでよしという、難しいホールでしょう。

空撮 10個のバンカー

10個のバンカー見えますか?空撮

# 18 パー5 / 506ヤード

18番 パー5

18番 パー5

18番 パー5

比較的ティーショットが広く、フェアウェーはやや左傾斜です。狙い目は右サイドです。
ちょうど奥に小さな小屋が見えます、それを狙って打ってください。打ち下ろしなので、距離が稼げます。
ところが、フェアウェーの真ん中にバンカーのようなウエストエリアがあります。 その上を越えて2打目を打たないといけないので、キャリーの必要なショットをしてください。

2打目からは、左に池、グリーンの手前にも右に大きな池がありますので、距離が出るプレイヤーなら2オンを狙ってもいいですが、どちらかというと、5番6番のミドルアイアンで刻んで打った方がパー又はバディーチャンスがあります。

全体のコースの感想

アーノルドパーマーコースの感想

アーノルドパーマー ロゴと同じポーズ

今日はゴールドティー、距離的には日本で白マークと言われている、フロントティーから6225ヤードを打ちました。

ティーショットをドライバーで毎回打つコースではなく、ホールによっては1打目がアイアンだったり、3番ウッドで打ったりしないと、そのコースの設計上の打ってほしい距離にボールが位置していないとうまく運びません。

14番からスタートして、後半5ホールはとても印象に残っています。私が後半でコースが印象に残っているゴルフコースというのは、いいコースだと思っています。

バッグの中に14本ゴルフクラブがありますが、この14本を満遍なく使いましたね。

ハワイの隠れた名門コースです、是非皆様もチャレンジしがいのあるコースです。
作戦を立てて、それを守らないと大変な目に会います。
腕に自身のある方のみにお勧めするコースです。初心者の方は隣にあるファジオコースをトライしてください。

 

アーノルド・パーマーコース攻略法 フロント・ナインへ
アーノルド・パーマーコース詳細ページへ

メニュー

コース