まだまだあった、変わり種ピンフラッグ(旗竿)

もしかしたら、誰も気にしていないかもしれない、
ピンフラッグ(旗竿)の話題を続ける、菅谷です。

今度の舞台はワイケレ・カントリークラブ。
20190413134735

グリーンが非常によく整備されていてキレイになっていますが、
20190413135039
先日、プライベートでプレイしたときに、傾斜や芝目が前の感覚と異なり、
寄らず入らずでした。以前ラウンドされたことがあるかたで、
近々ご予定のあるかたは、ご留意ください。

さて、お約束のピンフラッグ(旗竿)です。

20190413140358

根元に向かって細くなっています。
タートルベイと同じ、Javelin(ジャベリン)スタイルかもしれません。

と、思って視線を上に上げていくと、
20190413140350
背景とかぶってしまい、ちょっと見えづらいですが、
何かが巻かれているような…。

シルエットで。
20190413140334b

クローズアップ。
20190413140422

どうやら、ピンを抜くときに持ちやすいようなグリップを巻き、
グリーンに置いたときに安定するように、三角形のストッパを付けた、
という感じなのでしょう。

2019年からの新ルールからは、活躍の場を失いそうですが、
なかなかの配慮だと思いました。
あと、写真ではお伝えできませんが、かなり軽いです。

ご参考までに、ワイケレCCに備え付けのGPSナビは、
グリーンのセンターまでの距離表示です。
ピンまでではありません。

ピンポジションは、旗の色で区別できます。
青だったら奥、白は中央、赤は手前といった具合です。

ワイケレ カントリークラブからのレポートでした。
20190413135151b

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索