ゴルフ場のレンタルクラブ紹介(コオリナGC編2017年版)

ゴルフツアー会社のドライバーのジョンです。

毎年春にレンタルクラブを全部一気に更新するコオリナGC。
しばらく、こちらでゴルフクラブの紹介を怠っていたようですので、
2017年版を私が紹介します。

201603291427371000
(こちらはゴルフ場提供の2016年版)

コオリナGCでは、各自が所有するゴルフクラブを使ってプレイされるか、
あるいは、ゴルフ場でレンタルしなければならないルールになっています。

ゴルフツアー会社のレンタルクラブ使用禁止、というコースは今ではオアフ島に
いくつかありますが、そのハシリとなったのが、ここコオリナGCです。

そういうわけでレンタルの割合も高いのでしょう。総数は105セット。
もしかしたら、オアフ島で最多かもしれません。
ちなみに、ここと並び称されることの多く、
同じくゴルフツアー会社のレンタルクラブ使用禁止のカポレイGCは、80セット弱です。

コオリナGCでは伝統的にテーラーメイドが採用されています。
男女共ウッド、アイアンともに、M2。
DSC_2708b
こちらは、メンズのドライバー。

ウッドのシャフトは、Fujikura Pro 73。

DSC_2623b
こちらは、メンズのドライバー(レギュラーシャフト)

105セットのうちメンズは65セットあり、
そのうちの53セットが右利き、12セットがレフティ、
右利きのうち9セットはスティフシャフトです。

スティフシャフトは、アイアンがスチールシャフト(REAX by FST High Launch 88)。
DSC_2733b
ちなみに、レギュラーシャフトは、アイアンもグラファイトです。

スティフシャフトには、写真右下に囲ってあるような赤いテープが巻きつけられています。
これはウッドのシャフト部分。
DSC_2738b

一方、40セットあるレディースのうち、レフティは8セットあり、
この数もオアフで一番かも。
DSC_2683
レディースはバッグに赤色が入っています。
ドライバーのロフト角は12度。

2017年のレンタルクラブ代金は18ホール55米ドル税別。
実質的には57.59米ドルになります。

最後に、この写真はジュニアプレーヤー、というかキッズ向けのレンタルクラブです。
DSC_2778b
このUS Kidsセットは使い込まれていそうで、今春更新されたものではなく、
以前からあるものだと思います。
2017年の料金は30米ドル税別で、実質的には31.41米ドルに。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索