無料のペットボトル水は、どこでもらえる? (ミリラニGC編)

ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、菅谷です。

日本ほど季節感のないハワイですが、
日に日に日が長くなり、朝晩の肌寒い日が少なくなり、
日中は暑い日が多くなってきて、夏が間近なことを実感している
今日このごろです。

ゴルフされる際には、日射しがなくても気温は高いことが多いので、
プレー中の水分補給は欠かせません。

ということで、ゴルフ場でのペットボトルの水についてです。

こちらでは、ペットボトルに入った水を、
ボトルドウォーター(bottled water)と呼んでいます。
売店などで購入される際の、ご参考まで。

このボトルドウォーター、標準サイズのいわゆる500ml(ミリリットル)、
米国では16.9oz(オンス)などと表示されているタイプは、
市中なら一ドル前後で買うことが出来ます。

しかし、ゴルフ場の売店などですと輸送費などがかさむのでしょうか、
二ドル以上してしまうことが多いです。

じゃあ、事前にABCストアなどで買っていけばいいか、
ということになりがちですが、

実はゴルフ場でも飲食物の持込は原則禁止なのです。

レストランなどと同じ考えなのですね。
先日も、旅行会社の添乗員さんらしきかたが、ダンボールいっぱいに
詰めて持ち込んだボトルドウォーターをゴルフカートに積み込もうと
したところ、ゴルフ場のスタッフから注意されていました。

なんだかなぁ~、と思われるかもしれませんが、
ちょっとだけいい話もあります。

オアフ島ゴルフ場の中にも、一人一本だけですが、ボトルドウォーターを
スタート前に無料で配布しているところもあるのです。

そこで、調査してきました。
前置きが随分と長くなりましたが、
これでタイトルの意味も通じてくるかと思います。

第一弾は、ミリラニ ゴルフクラブ。

ミリラニGCと言えば、オアフ島で安くゴルフしたいときに
必ずといっていいほど名前が挙がってくるゴルフ場です。
DSC_2808

ここでは、予めゴルフカートにボトルドウォーターがセットされています。

DSC_2771b

クラブやボールを拭くのに便利なタオルとピンも。
DSC_2771c
ミリラニGCに導入された新しいタイプのゴルフカートです。
前進・後進の切替えスイッチが前にあって、誤作動で動かなくなるトラブルがなくなりました。

2016年の秋から改修中のシグネチャーホールの13番は、
2017年3月現在まだ閉鎖中でした。
DSC_2787c
ティーボックスの位置から遠くにダイヤモンドヘッドが見えるホールです。

代わりに設けられた16番Bホール。
DSC_2817b
軽い打ち下ろしのパー3で、エキストラ ホールの割には意外と好評だとか。

尚、この手のサービスは、予告なく中断されたり廃止されたりするものです。
今回の情報は2017年3月のものです。
皆さんが行かれた時に、もしも、用意されていなかった際は、ご容赦のほど。

あと、カマアイナのプレーヤーには水のサービスはありません。

つづく。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索