コーラル クリークGCではスマホをお忘れなく

ゴルフツアー送迎ドライバーのRikaです。

コーラル クリークGCでは昨年2016年の12月に、それまでゴルフカートに備え付けられていたGPSナビシステムが、業者との契約切れにより撤去されると通知されていました。

しかし、年末年始を過ぎても、GPSナビはカートに残ったままで使える状態が続き、さすがはハワイ (^_^;) という有様でしたが、それも今年2017年1月19日までになくなりました。

キャディーさんのいないハワイのゴルフ場で、GPSナビゲーション・システムがあると重宝する、日本からの観光客のかたは、よくおっしゃっているので、これは時代に逆行するのではないかと思っておりましたが、実は、ちゃんと考えがあってのことだったようです。

それは、コース内に無線LAN網(WIFI)を張り巡らせて、各自のスマホでヤーデージなどを測ってもらおうというものでした。

そう、こちらでも何度か紹介されている、GPSナビゲーションのアプリ利用です。
アプリの使用にはデータ通信が必要で、通信料が気になるところでしょう。海外でのデータローミングサービスも、定額のものが登場して久しいようですが、それでも結構な金額だそうです。しかも、ホテルやレストランにWIFIのホットスポットがあるのは当たり前となったご時世、ゴルフ場でもWIFIが無料で使えれば、ローミングをオフにしておくことが出来るかもしれませんね。

DSC_2682b

IMG_2137_80/1

ちょっとWIFIの電波が弱いかな、という場所もコース内にありましたが、ゴルフGPSナビのアプリぐらいなら大丈夫でしょう。

いや~、でもスマホは使わない、ゴルフ場には持っていかないし~というかたに、従来からのヤーデージやピンポジ確認方法も、紹介しておきましょう。


ヤーデージを見るのは、フェアウェイに埋められた色分けされたプレートです。
DSC_2652_58

ピンポジは、本日のピンの置き所の番号を、カートに貼り付けられたチャートと照合します。
写真は「1」ですが、「2」から「6」まであり、その日ごとの番号で位置が判る仕組みです。
DSC_2673-4

スターターのところにも色々と掲示されています。
DSC_2669c

これで皆さまが良いスコアを出されることを祈って。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索