いちばんハワイで思い出に残るホール (はっちゃん)

はっちゃん、主婦です。
私がハワイでのゴルフ生活を楽しみ出してから、はや二十年になりますが、ゴルフにのめり込んでいったキッカケは、ハワイカイにあるパー3のエグゼクティブコースで、ホールインワンをしたことでした。

それは、エクササイズがてらにドライビングレンジに通い始めて三か月後のこと、初めてコースに出たその日に、打ち下ろしのホールで訳も分からずヒットした球が、カップインしてしまったのです。

ゴルフデビューの全くのビギナーにホールインワンできたことで、ハワイカイGCチャンピオンシップコースでも、と思いきや、そう簡単にはいかず、次のホールインワンまで八年もかかりました。

二度目のホールインワンは、パールカントリークラブの6番ホール、やや砲台グリーンのパー3でした。
DSC_0872c

その日の感動は今でも忘れることはありませんし、後にも先にも私の名前が新聞に載ったのは、この時だけです。

その後、ハワイのゴルフ場は殆どまわりましたが、今、一番気に入っているのはワイパフのロイヤル クニア カントリークラブです。パールハーバーから吹いてくる爽やかな風を身に受け、ワイキキの街並みとダイヤモンドヘッドの風景を見ながらティーショットできるのはロイヤル クニアCCならではで、他のコースでは体験できません。

イメージ
RK030070b

また、夏から初秋にかけてコース内に植えられているシャワーツリーの朱色の花が満開で、コースのグリーンとのコントラストが美しく、ゴルフファーの癒やしにもなっています。
DSC_811b

20151001120446b

女性・シニア向きのゴールドティーは、男性向きのホワイトティーより1000ヤードも短いですが、短い分、ナイスティーショットが球はコロコロ、バンカーへということもあったり、右や左に凸凹のラフがあったり、意地悪いポテトチップス グリーンもあって気は抜けません。月数回はロイヤル クニアCCでプレーしていますが、8番と17番のパー3でワンオンするものの、未だホールインワンは達成していません。狙ってできるものではありませんが、もう一度、新聞に載るまで通い続けたいと思っています。

17番ホール・イメージ
RK17062b

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索