ハワイ プリンスGC グリーンの芝張替え

ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
今回はハワイプリンス ゴルフクラブ(Hawaii Prince Golf Club)のグリーン芝生の変更について。
DSC_1686

2016年秋、ハワイ プリンスGCでは、グリーンを従来のバミューダ芝からパスパラム芝へ、徐々に切替えています。
オアフ島では、パスパラム芝のグリーンもだいぶ増えてきましたが、気になるところですので現地に行って話を聞いてみました。

質問: なぜパスバラムの変更に踏み切ったのですか?

周囲のゴルフコースもバミューダからパスバラムに変えている事や、当コースのグリーンも25年になります。今回の変更は、メンテナンスのコスト、手入れなどの事も考えてのことです。パスバラムにする事でより良いパターサーフェイスになります。

まずはパット練習場のグリーンです。
DSC_1674

このグリーンは2016年3月に張り替えてますが、まだ完成状態ではありません。
まだバミューダとパスバラムが混じってるのと雑草が生えています。
この雑草を取り除くのがなかなか困難です。

DSC_1673

こちらは、作業中のCコースの9番ホール。
DSC_1679

DSC_1678b

この張り替えの作業の中で大変なのは、バミューダ芝の根が強く簡単に取り除くことが出来ないことです。
最初は上のパット練習場のようになっていくでしょう。

この中にはまだバミューダや雑草が残っています。砂や土を撒いたり薬や塩をまいたりして、徐々に取り除いていきます。水は一日に六回まいて湿り気を保ちます。
DSC_1687b

だいたい二週間ぐらいでグリーンはなんとか使えるようにはなりますが、最低でも四週間から八週間は欲しいところです。

質問: 現在の作業の状況は?

Aコースは三週間前(2016年9月下旬)に張り替えました。
Cコースは月曜日(10月17日)から始めて水曜日(10月19日)に終わりました。
Bコースはこれからです。

幸いここのコースは27ホールあるので常に18ホールは使えます。
反対に言うと27ホールやらなくてはならないので大変ですが…。

こちらのグリーンは一年前に張り替えたもの。
DSC_1681b

芝目の間を狭くして、見た目も美しくボールの転がりも良くします。
また、ピッチマークも付きづらくなりますので、毎朝ピッチマークを直す時間が少し減ります。全てのグリーンをこの状態にする予定です。

質問: 確かのこのグリーンは綺麗ですね。グリーンスピードは?

速いグリーンにしたいところですが早すぎても遅すぎても良く無いので9~9.5ぐらいです。速い方が面白いかもしれませんがアベレージゴルファーなので早すぎるとかえって時間がかかってしまいます。

質問: グリーン以外にはパスバラムに変えた所はありますか?

ティーボックスも少しずつ変更しています。
グリーンとティーボックス全てが完璧な状態にするには、五年ぐらいかかると思います。

すでに交換したティーボックス。
DSC_1683b

現在張り替え中のティーボックス。
DSC_1689

終ったばかりのAコースのグリーン。
DSC_1692

DSC_1691b

張り替えが終わったばかりのコースでプレーさせてもらいましたが、さすがにグリーンはガタガタで転がったボールが飛び跳ねてました。
作業から一か月もすれば、少しは良くなることでしょう。
早く綺麗になったグリーンでプレーして見たいですね。

お話を伺ったのは、同コースの総支配人のテッドさん(左)と、コース管理監督のウイリアムさん(右)でした。
DSC_1672

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索