マカハ ヴァレーCC攻略法 2016年初夏版 (#16~18)

ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
ラウンド当日でもスマホで確認できる各ホールごとのお役立ち情報、
マカハ ヴァレーカントリークラブも、上がり三ホールになりました。16番ホールから18番ホールです。
20160519135758

16番ホール PAR 4
400ヤード Handicap 4

左ドッグレッグでフェアウェイは右傾斜。
↑→左から右へフォローの時が多い。
DSC_2037b

右傾斜のフェアウェイですので、ボールは右にキックします。
ドローでフェアウェイ・センターから左側に置ければ最高です。

20160519140227b

二打目の例
DSC_2038b

爪先下がりのライ。スライスしやすいです。
グリーンへは手前から転がして載せていくのがいいかと。
DSC_2041b

グリーン左から。手前から奥に向かって順目になります。
DSC_2044

右のボールは、左傾斜の下りパットになるのですが、それでも海側(右側)に流されます。
IMG_5106

16番ホールのグリーンと海の位置関係
20160519142355b

17番ホール PAR 3
192ヤード Handicap 10

打ち下ろしのパー3。
↑←右から左へフォロー気味の時が多い。
20160519141410b

マカハ ヴァレーCCのシグネチャーホールです。
IMG_5108

左右のミスはトラブルに。
一番手下のクラブを選択すると良いでしょう。
ピンが後ろにある時は、ピンを狙わないほうが無難。
DSC_2045b

見た目とは違いタフなホールです。
20160519141410b

グリーン左からの写真。
IMG_5108

18番ホール PAR 5
486ヤード  Handicap 8

右ドッグレッグ。
↑風はフォローの時が多い。

見通しは効きませんが、それほど長くないパー5です。
20160519142355c

DSC_2049

ティーショットは、フェアウェイ・センターより左側にキーブしてください。
バンカーのある右側はトラブルになってしまいます。

二打目の例1
DSC_2055b
ここからはグリーンが見えないので、ダウンヒルのレイアップ。
三打目を打ちやすいところに持っていくことを目指してください。
右側の木が目標で、100ヤードぐらい打てるクラブで良いでしょう。

二打目の例2
DSC_2058b
この位置からでもグリーンは見えませんが、木越えのツーオン狙い。
ちょうど、木と木の間が少し低くなっているところを狙って180ヤードくらいです。

20160519143716b

三打目の例
残り100ヤードからの打ち上げ。
DSC_2061b

グリーンは手前から奥に向けて早くなっています。
距離感、クラブ選択がポイントでしょう。
IMG_5109
(花道からみたグリーン)

グリーン右から。
DSC_2063

グリーン左から。
右傾斜ですが、ここでもボールは海側(左側)に行きます。
DSC_2065

以上です。お疲れさまでした。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索