タートルベイGCファッジオコース攻略法 2016年春版 (#10~12)

ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

タートルベイGCファッジオコースでラウンド当日でもスマホで確認できる各ホールごとのお役立ち情報、10番ホールから12番ホールになります。

10番ホール PAR 5
464ヤード  Handicap 2

右ドッグレッグ。
↓向い風の時が多い。
DSC_1852

いきなり後半戦で一番難しいホールになります。
一打目はフェアーウエイ左側へ行くのがベストですが、パ-5です。第一打はフェアーウエイをキープすることに集中してください。
20160317110701b

左奥にある二本のヤシの木が目標で、ややフェイドで打てれば最高です。

DSC_1852b

二打目の例
残り258ヤード。
DSC_1857

この地点の風は向い風。グリーン近くは左からの海風です。
ツーオンは難しいので、自分に得意な距離を残してください。
DSC_1856

20160317110947

三打目の例
残り65ヤード。
DSC_1858

グリーンは砲台で傾斜もきつく、さらに両脇はバンカーで囲まれています。
海からの風があるので、なるべく低い球でピンそばまで転がして寄せるのも良いかもしれません。
DSC_1860b

そして、注意すべきは9番ホールまでのフロント・ナインのグリーンがバミューダ芝だったのに対して、
この10番ホールからのバック・ナインでは、パスパラム芝がグリーンに使われていることです。

花道からみたグリーン。
IMG_4867

11番ホール PAR 3
150ヤード Handicap 18

←右から左への風の時が多い。
木々が左側になびいて生えているように見えることが、それを物語っていそうです。
DSC_1862

このコースで一番やさしく、そして印象に残るホールに、やって来ました。
20160317111357b

海からの風は重いため、番手選びに悩みますが、風の強さにもよるものの、普段よりも二番手ぐらい上げて大丈夫かもしれません。
両脇に大きなバンカーがあり、これが意外とアゴが高いので要注意なのと、ボールはグリーン手前から奥へ向かって転がります。手前に落とすことを念頭に置いてください。
DSC_1863

花道からみたグリーン。
IMG_4870

グリーンの後ろは海。波の音がとっても心地よく、リゾート気分タップリで、ここまでのスコアにかかわらず、タートルベイGCファッジオコースでプレイして良かった~と思う瞬間です。
IMG_4871

20160317112005

12番ホール PAR 4
362ヤード  Handicap 12

左ドッグレッグ。
↑→左から右へフォロー気味の時が多い。
DSC_1867

右に二つのバンカーあり、194ヤードで届きます。
目標は、残り150ヤードを示すポールの、少し右。
190ヤードでドッグレックなので、ティーショットではドライバーを選ぶ必要なしでしょう。
DSC_1865b

二打目の例
残り123ヤード。
DSC_1869

グリーン上の風は、→左から右。
風の強さによりますが、球が高く上がると、右に流されますので注意してください。
また、グリーンは奥から手前に向かって速くなっています。
DSC_1868

花道からみたグリーン。
IMG_4874

つづく。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索