ゴルフカートは安全運転で

こんにちは。ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、ミキです。

最近、二度ほどゴルフ場でヒヤッとしたことがありました。両方ともゴルフカートでの出会いがしらです。
一回目はワイケレGCの対面通行のトンネル内。
WL20110824085935

カーブを曲がってきた日本人の若い男性ゴルファーの運転するカートが、反対車線を走っていた私達の目の前に突然現れたのです。お互いが急ブレーキをかけて間一髪で衝突は回避、何とか無事でした。相手の人は私達のカートの接近に気付かず、下り坂で勢い良くカーブを曲がってきて、反対車線にはみ出したようです。

もう一回はエバビーチGCでした。こちらも見通しが効かないトンネルの中。ここのトンネルは一車線です。このため、安全対策でトンネル入口には信号機が付いていて、トンネルに入る前にボタンを押し、信号機が青に変わってからトンネルに進入するというルールです。
IMG_0525-27-29

私はこれに則って、ボタンを押して信号が青になってからトンネルに入ったのですが、出口付近で向こうからカートがトンネルに入って来ました。この人は信号を見なかったのでしょうか。

ゴルフコースでは何処でも、ゴルフカートに乗る前にゴルフ場から渡される書面に署名をします。これは安全運転と責任の所在、それに保障問題まで含まれたゴルフカート利用に関する同意のサインです。
IMG_0569

以前コオリナGCで事故を起こしたかたが、当時の日本円換算で15万円くらいを請求され支払った話を聞いたこともあります。また、カーブを曲がるときに遠心力で同乗者の方が振り落とされて脳震盪を起こし、しばらく意識がなかったというようなアクシデントも。このとき幸いなことに大事には至らなかったそうです。

日本でもセルフカートが浸透してきているとは言え、ハワイでは慣れない左ハンドルですし、長距離の移動の時差で注意力や判断力は普段より鈍っています。

ゴルフカートは思いのほかスピードが出ます。どうぞ安全運転を心がけて楽しいゴルフを楽しんできてください。
P7160115b

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索