上級者向けのコオラウGC攻略法 2016年春版 (#1~3)

ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

今回は非常に難しい上級者向けコース、コオラウ ゴルフクラブ(Ko`olau Golf Club)で、ラウンド当日でもスマホで確認できる各ホールごとのお役立ち情報です。
DSC_1627

Koolau0284
オアフ島の背骨とも言えるコオラウ山脈の懐に広がるこのコース、その特徴として言えるのは、
OBが無い、ティーボックスからグリーンが見えないホールが多いなどです。

各クラブの打てる距離を把握していて、狙い所に正確に打てる腕前が求められるだけでなく、GPSアプリなどを使わないと、ブラインドホールでは何処に向かって打っていいかさえ、わからないほどプレーしづらいです。

さて、今日はリゾートティーからのプレーです。
Cours Ratingは73.4/141です。

1番ホール 534ヤード
パー5 ハンディキャップ 8

←↓右からの向かい時が多い。
左ドッグレッグで、フェアウェイは左に傾斜した下り。

DSC_1628

さっそくティーからグリーンが見えません。
DSC_1630

Koolau20160303104844b

右側にあるバンカーは185ヤードで届きますので注意が必要です。
その右側のバンカーの、やや左が狙い目。
DSC_1629
ただし、あまり左に行くと二打目が難しくなるのと、ブッシュに入る可能性があります。
また、右側に突き抜けてしまうと、これも大変なのでドライバーを使わず、3番や5番で打つのも戦略の一つです。

二打目の一例
DSC_1631b
グリーンは見えません。下の写真で白い矢印の先にある、残り150ヤードを示すポールを狙って。

Koolau20160303105930

三打目の例
残り140ヤード。
DSC_1633
このあたり、場所によっては、つま先上がりや左足下がりのライになる所が多いです。

DSC_1634

花道からみたグリーン。
IMG_4696

2番ホール 351ヤード
パー4 ハンディキャップ 12

←↓右からの向かい時が多い。
このコースにしては珍しく、ほぼ真直ぐ。
DSC_1636

下の写真で矢印の先にある、残り150ヤードを示すポールあたりが狙い目です。
DSC_1636b
そのポールより左側は、前の木が邪魔になり、次にグリーンを狙いづらくなります。
また、右に行き過ぎても、やはりグリーンを狙いづらくなりますので、ご注意を。

二打目の例
残り150ヤード。
DSC_1637

グリーンの位置(下の写真で矢印の先)がやや高いので、それも計算に入れてください。
ミスするとしても左側の気持ちで。
DSC_1638b

花道からみたグリーン。
IMG_4700

3番ホール 390ヤード
パー4 ハンディキャップ 4

↑追い風の時が多い。
右ドッグレッグで右への傾斜。
DSC_1640

Koolau20160303113236b

ティーからグリーンは見えません。
狙い目は、真正面の鉄塔の右に見える少し高い木(下の写真で矢印の先)です。
DSC_1641b

二打目の例
残り170ヤード。
DSC_1643
残り150ヤードとなる所の先からグリーン手前まで、フェアウエイは狭く右に傾斜しています。グリーン右手前に見えるバンカーは深く、ここにはまりたくないです。

視覚のプレッシャーがあります。
DSC_1644

花道からみたグリーン。
IMG_4704b

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索