ロイヤル クニアCC攻略法 2015年秋版 (#16~18)

ロイヤル クニア カントリークラブの16番ホールから18番ホール、
ラウンド当日でもスマホで確認できる、各ホールごとのお役立ち情報です。

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

★16番ホール PAR 4★
362ヤード  Handicap4
→風は左からの時が多い

バックナインに入ってから、ほぼ真直ぐで広々としたフェアウエイのホールが続きます。
RK16overview

ティーショット
DSC_0845

まずはフェアウエイ中央をキープしたいところ。
残り150ヤードを示す白杭を狙ってください。

ゴールドティーから
DSC_0889

残り153ヤード地点
DSC_0846

二打目
打ち下しになり、グリーンを狙えますが、グリーン右側に池と顎の高いバンカーがあります。
この右側からのアプローチは難しいので、ミスをするなら左側の気持ちです。
DSC_0850

アプローチ
二段グリーンです。ピンの位置が奥なら無理をせずグリーン中央狙いで。
グリーンの近くに行けば行くほど、つま先下がりのライになるので、右に行かないように注意しましょう。

IMG_3809b

RK160056b

#16グリーン

RK16_green
芝目は左から右に向かって。
ピンポジが右奥の時は、傾斜の下からのパットになると右に流されるので、ライン読みをしっかりと。
ピンポジが手前にある時は、手前からせめてください。

★17番ホール PAR 3★
126ヤード  Handicap 18
↑風はフォローの時が多い

池が右側にありますが、池越えではありません。このコースで一番やさしいホールです。
RK17062b

ティーショット
やや打ち下しで追い風、やや大きめクラブを選ぶことがスコアメイクのポイントに。
グリーンのやや左目を狙うといいでしょう。
DSC_0852

手前で届かないよりも、奥へ行ってしまったほうが、アプローチしやすいかも知れません。
但し、ピンの位置が手前の場合は別です。
DSC_0853

ゴールドティーから
DSC_0892

IMG_3831b

#17グリーン
RK17_green
芝目はグリーン奥から手前に向かって。
奥からのパットは下りプラス順目。ピン手前から攻めるしかないです。
また、ピンポジが左奥の時、左奥に狙いすぎるとグリーンからこぼれることがあります。

★18番ホール PAR 5★
444ヤード  Handicap 14
←風は右からの時が多い

最終ホールにやってきました。
攻めやすく距離もなく、ホワイトティーから左のバンカーまで165ヤード、右の池は325ヤードです。
一打目は若干打ち上げですが、球が落ちる所は下りになっています。
RK18overview

ティーショット
DSC_0857
狙い目はフェアウエイ中央から左側。
はるか彼方にある小屋の右側にあるパームツリーを目指して。

左に行けば、ツーオン可能な二打目になるかもしれません。
右に行くと、ツーオン狙いは池越えになるため難易度が上がってしまいます。

ゴールドティーから
DSC_0895

残り254ヤード地点
DSC_0859

二打目
左側のバンカーを狙う気持ちで。
DSC_0861

ライは左足下がり。右側の池に行ってしまう要素があるので注意が必要です。
一方、左側にはバンカーはあるものの、捕まらずに得意な距離を残せたほうが、バーディーチャンスも残ります。

残り111ヤード距離
DSC_0862

三打目
二段グリーンです。セオリー通りピンポジを確かめて手前から攻めてください。
IMG_3816b

#18グリーン

RK18_green
芝目は左から右に向かって。
ピンと同じ位置につけたいところです。
ピンポジが右手前にある時は、難しいです。ピンの奥からのパットは下りになり、さらに左に流されるので要注意です。

お疲れさまでした。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索