ロイヤル クニアCC攻略法 2015年秋版 (#7~9)

ロイヤル クニア カントリークラブの7番ホールから9番ホール、
ラウンド当日でもスマホで確認できる、各ホールごとのお役立ち情報です。

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

★7番ホール PAR 4★
311ヤード Handicap 9
↑風はフォローの時が多い

左ドッグレッグのホールです。ロングヒッターならグリーンを狙っても良いかもしれませんね。

ティーショット
左バンカーはホワイトティーから159ヤード地点にあります。
DSC_0776

狙い目はフェアウエイ真ん中から右側。
残り100ヤードを示す赤いマーカーが地上の目印です。
右側手前の高い木と奥(山側)に見える高い木の間にある低い木からドローを目標に。
DSC_0775

ゴールドティーから
DSC_0916

残り111ヤード地点
DSC_0778

二打目
右側に来ていれば、真直ぐグリーンを狙えるのでバディーチャンスにつけられるかも。
少し大きめのクラブでグリーンを狙うと良いでしょう。
DSC_0780

アプローチ
ここでもカップより上につけると大変なので、下から攻めてください。
ただし、あまり下につけると、グリーンからこぼれるかもしれません。
IMG_3773b

#7グリーン

RK07_green
芝目は奥から手前に向かって。
ピンを越えてしまうと、順目プラス下りになりますので、ご注意を。手前から攻めるのが鉄則です。

もしも、ピンポジが右手前にあったら、一番難しい位置です。
狙うべき手前はグリーンからこぼれる可能性がありますし、かと言って、上からは下りの順目です。こぼれるのを覚悟で手前から攻めるほうが無難かもしれません。

★8番ホール PAR 3★
150ヤード Handicap 17
↑風はフォローの時が多い

グリーンは手前から攻めて行くのがベストですが、手前にポットバンカーがあるので、このバンカーは避けたい所です。
DSC_0783

ティーショット
DSC_0784

このバンカーを避けて、中央やや右を狙うといいでしょう。
フォローな風が吹いていることが多いので、クラブ選択を考えてください。
ピンが手前の時は無理してピンを狙わないほうがいいです。
DSC_0919b

ゴールドティーから
DSC_0918

手前のポットバンカー越しにグリーン
IMG_3777

#8グリーン

RK08_green
芝目はバンカー左の花道側から右奥に向かって。
高いボールでピンを狙えればOK。
ピンが手前にある時、自信があればピン狙いですが、自信がなければ中央を狙いい、右側からの戻りパットで攻めてみてください。

★9番ホール PAR 5★
564ヤード Handicap 3
↓向かい風の時が多い

S字ドッグレッグのこのホールは、ワイキキとダイヤモンドヘッドが一望できるこのコースの名物ホールです。
ハワイ州のベスト18ホールの一つにも選ばれたほどです。
DSC_0921

ティーショット
DSC_0787
右バンカーはホワイトティーから212ヤード地点、左バンカーは同237ヤード地点。
フェアウエイは、左から右へ、かなりの傾斜になっています。左から攻めればランも稼げることでしょう。

落とし所はフェアウエイ中央から右側ですが、
思い切って四番目に見える左のバンカーを目指して、ちょうどいいかも知れません。
DSC_0786

RK090326b

ゴールドティーから
DSC_0920

残り352ヤード地点
DSC_0788

二打目
フェアウエイ中央より左を狙います。
更にダウンヒルで右への傾斜が続くので、右の池には注意してください。
ずばりダイヤモンドヘッド目掛けて。
DSC_0789
このあたりが、ちょうど絵になるところです。

残り124ヤード地点
DSC_0793

三打目
大きめのクラブでグリーン中央を狙ってみてください。
風に流されて池に入らないようにご用心。

IMG_3782

IMG_3846b

#9グリーン

RK09_green
芝目は右から二番目のコブあたりの奥から池に向かって。
奥からのパットは順目になります。右手前から攻めてください。
ピンが左手前にあるときは難しいので、花道の正面から攻められるようにしたいです。

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索