ロイヤル クニアCC攻略法 2015年秋版 (#1~3)

ロイヤル クニア カントリークラブ
RK180063b

ラウンド当日でもスマホで確認できる、各ホールごとのお役立ち情報です。
まずは、1番ホールから3番ホールから。

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

コースレーティングは69.5、スロープは127です。

★1番ホール PAR 5★
477ヤード Handicap 15
←↑風は右からフォロー気味の時が多い

スタートホールはパー5です。無理をせず良いスタートを切りたいものですね。
また、今日の最初のショットということもあり緊張の一瞬ではありますが、ティーボックスから、ちょっと後ろを振り返ってみてください。きっと、真珠湾とダイヤモンドヘッドが第一打を見送ってくれるはずです。

さて、ここで気持ちも少しほぐれたところで、このホール。ティーグランドからグリーンまでフラットなフェアウエイですが、左ドッグレッグなのでティーショットでは、やや狭く感じるでしょう。
DSC_0722

ティーショット
狙い目はフェアウエイ真ん中から右側に。
残り150ヤードを示す白い杭(白い矢印の先)が目印になります。

DSC_0723b

左右のバンカーは、ホワイトティーから200ヤード前後で届く距離です。注意してください。
また、左側は傾斜のあるラフなので、どうせミスをするなら右側のほうでしょう。

赤ティーにあたる、ゴールドティーからみたところ。
DSC_0900
このホールに限らずロイヤル クニア カントリークラブでは、ホワイトティーと比べると距離が格段に短く、女性やシニアに人気です。

残り268ヤード地点
DSC_0725

二打目
グリーン(緑色の矢印の先)の手前100ヤード付近にあるバンカー(茶色の矢印の先)の左を目指してみてください。
パー5なので得意なアプローチの距離を残すぐらいの気持ちで。
できればパームツリー右側にある木からのドロー打ちですが、ライはややつま先下がりです。
もちろん、得意な距離が残ればピン狙いでバーディートライです。
(白い矢印の先にあるのは、残り150ヤードを示す杭)
DSC_0727b

DSC_0732

IMG_3753b

グリーン図面の凡例
長く太い矢印: 芝目の方向(矢印の根元から先に向かって順目)
細い矢印: グリーン上の傾斜で矢印の根元から先に向かって下り傾斜
花道が下になります

#1グリーン

RK01_green
芝目は右から左に向かって。
ピンが奥の場合、グリーン中央狙いです。
中央から手前の場合は、ピンを越えないよう手前から。

★2番ホール PAR 4★
349ヤード Handicap 1

左側にホワイトティーから176ヤードから253ヤードの地点にバンカーが五つあり、右側は池。
このバンカー群に入ると大変です。短いホールなのでドライバーを使わない方法もありかも知れません。

ティーショット
←↓風は右から、やや向かい風の時が多い
DSC_0738

狙い目はフェアウエイセンターからやや右。
フェアウエイは左から右へ傾斜しているので、残り150ヤードを示す白杭(白い矢印の先)が目標。
DSC_0737b
白杭と残り100ヤードを示す赤杭(赤い矢印の先)の真ん中あたりでもいいでしょう。

ゴールドティーから
DSC_0903

残り129ヤード地点
DSC_0739

二打目
↓向かい風の時が多い

向い風になるので、一番手か二番手、大きめのクラブでグリーン中央狙いでしょう。
フェアウエイ左側はやや前下がりのライになるので、スライスして池に入らないように注意が必要です。
DSC_0743

IMG_3835

#2グリーン

RK02_green
芝目は左奥から右手前に向かって。
ピンが奥の場合は、グリーン中央狙い。
そうでなければ、ピンを越えないようにしてください。越えると下りのパットに。
ピン左側からのパットは右に曲がります。ラインをしっかり読んでください。

★3番ホール PAR4★
380ヤード  Handicap 11
→風は左からの時が多い

右ドッグレッグ、左のバンカーまで223~242ヤード、右のバンカーまでは253~278ヤード。右の池は152ヤード~321ヤード。風が左から右なのでスライスすると池に入る可能性大です。

ティーショット
狙い目はフェアウエイ中央より左側。
池を避けてダイヤモンドヘッドから軽いフェイドで打てれば最高です。
DSC_0748

DSC_0745

ゴールドティーから
DSC_0906

RK030070b

残り176ヤード地点からのズーム
DSC_0750

二打目
二段グリーンなのでピンと同じ位置に乗せたいところです。
打ち下しですが、残りヤード通りの距離感で問題ないでしょう。

アプローチ
左下がりなのでピンが左にあっても中央狙いが無難。右のバンカーに捕まらないように。
DSC_0752b

IMG_3760b

#3グリーン

RK03_green
芝目は手前から奥の小屋(トイレ)に向かって。
下りのパットは逆目になるので、多少ピンを越えても大丈夫ですが、
ピンが左手前にあるとき、ピン左側は、こぼれて落ちてしまう可能性があります。手前から狙うのが無難でしょう。

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索