コオリナGCのハンバーガー紹介

こんにちは。ゴルフツアー会社の送迎ドライバー、ミキです。

ハワイのゴルフ場の美味しいものレポート、今回はコオリナGCのハンバーガーを紹介します。
DSC_0721
実は、ここのファンは、私の地元の知り合いの中にもたくさんいます。

ハンバーガーは、ハーフターンのスナックバーで販売されています。クラブハウスに隣接するロイズではありませんが、そのテラスのちょうど下に位置しています。
DSC_0724

ゴルフをしている時は、7番か8番ホールのあたりで、ゴルフカートのスクリーンに突然、表示がでますので、そこから注文します。
作り置きせずに注文が入ってから焼くので、出来上がるまで15分位かかるからなのだとか。
ハワイではハーフターンで、きっちり休憩を取るわけではないので、こうした配慮が円滑なプレー進行に必要なのでしょう。

スナックバーに到着したら、自分のカートの番号を言えば準備ができていて受け取れる手はずです。

取材したこの日、スナックショップにはアシュレーがいました。
DSC_0727

彼女の笑顔と共に渡されたハンバーガー ($6.75) はなんと肉厚!
今までに見たハンバーガーの中でも一番肉の存在感があります。
DSC_0722b

窓口の横にはいろいろな調味料が置いてあります。
マスタード、ケチャップ、マヨネーズ、ラリッシュ(ピクルスのみじん切り)などなど。
DSC_0715b

カイザーロールのバンズの間には、クウォターパウンドの分厚い肉。
クウォターは1パウンドの4分の1なので113グラムです。

それからトマト、オニオン、レタス。
さらにチーズもと欲張りたい人は、50セントの追加です。
DSC_0714b
試しませんでしたが、75セントでベーコンの追加も可能なんだそう。

ところで、どうやって焼けば、こんなにジューシーで柔らかいハンバーガーができるのでしょうか?不思議です。
この厚さのハンバーガーを自分で作ろうと思ったら、中まで火を通すまでに周りが焦げてしまいます。
プロの技? いやいや何か特別な道具でもあるのではないでしょうかね。

それはさておき、一口かじって、もぐもぐすると、口の中で肉がほどけて肉汁がジュワー。
何もつけなくても、この味だけで十分味わえます。
私はこの濃厚な肉汁には、酸味のあるラリッシュかケチャップが合うように思えました。

大きなお肉のハンバーガーですが、一口食べ始めると止まりません。あっという間に完食です。
私はテーブルに座って食べましたが、皆さんはゴルフの合間に食べるのですよね。
あわただしくてこの美味しさを味わっていただけるでしょうか?
でも美味しい物はどうやって食べても美味しいですよね。
どうぞ、コオリナGCでのプレイとともに、お楽しみください。

DSC_0707b

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索