タートルベイGCパーマーコース攻略法 2015年夏版 (#16~18)

タートルベイGCパーマーコースのバックナインも上がり三ホールに。
16番ホールから18番ホール、
ラウンド当日でもスマホで確認できる、各ホールごとのお役立ち情報です。

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

★16番ホール PAR 4★
397ヤード Handicap 14
右ドッグレッグ
↑風はフォローの時が多い

先に行くとフェアウェイは狭くなっています。左側に見えるバンカーまでは、ゴールドティーから200ヤード。
DSCD857

ティーショット
追い風の時でも、長めのティーショットが求められます。
DSC_0537

フェアウェイ中央を狙い、残り150ヤードを示すポールあたりに行くのが理想的です。

DSC_0536b

残り150ヤードを示すポールと、プレーヤーは同135ヤード地点。
DSC_0542b

左側には池があります。ここにはまってしまう人も多いので、ご注意を。ミスをするなら右側の気持ちで。
DSCD864

グリーン
比較的平らですが、左側は池です。
ピンが写真とは異なり左側にあったら無理をせずに、グリーン中央を狙うのが無難。
DSC_0544b

IMG_1159b

グリーンの奥からティー方向を見ています
DSC_0546

★17番ホール PAR 4★
375ヤード Handicap 4

スコアーカードに写真が載っているホールにやってきました。

やや打ち上げと言うこともあり、フェアウェイがバンカーで隠れて見えづらく、それが余計に打ちづらくさせています。
DSCD869

ティーショット
↑風はフォローの時が多い
DSC_0554

二打目以降、グリーンまでの間に横たわる多数のバンカーを回避するには、左から二個目のバンカーの上を越えるようにします。ゴールドティーからはキャリーで186ヤード。
上級者は、残り150ヤードを示すポールの右横に見えるバンカーに、フェイド打ちできれば最高です。
DSC_0553b

ですが、フェアウェイをキープ出来ないと大叩きになる可能性があります。ここは、ここまでの調子を振り返ってチャレンジするのもよし、フェアウェイを外さないように安全策をとるのもよしでしょう。ロングヒッターは特に、左サイドへのOBに注意です。

グリーンまで連なるバンカー群は、ここから。
写真左には残り150ヤードを示すポールが写っています。
DSC_0557

DSCD276c

グリーンセンターまで残り129ヤード地点
DSC_0558

グリーン前のバンカー群。
DSCD880

追い風の時のアプローチでは、グリーンをオーバーしてOBにならないよう注意してください。
ティーグランドとは風向き、風の強さともに変わっていることもあります。一つぐらい番手を上げても良いかもしれません。

グリーン
エッジは左奥を除くと全て傾斜になっていて、ピンが端にある時に狙いに行くと、落ちる可能性もあります。グリーン中央を狙うのが無難。
IMG_1162b

少し角度を変えて
IMG_1164b

グリーンの奥からティー方向を見ています
DSC_0561

カップに沈めたあと、グリーンの向こう側に広がる景色を、お見逃しなく!
DSC_0562

左端にはタートルベイのホテルが見えています
IMG_1168b

★18番ホール PAR 5★
506ヤード Handicap 8
グリーン手前までは真直ぐ
↑風はフォローの時が多い

ゴールドティーからは300ヤード以上も先ですが、フェアウェイが切れて真中にバンカーが横たわっています。ロングヒッターのかたは、左の池、右の林とともに、このバンカーに気をつけてください。
DSCD883

ティーショット
DSC_0569

ドロー打ちの場合は、小屋が目標、
フェイドのかたは、小屋の左にある小さな箱。
DSC_0567b

ですが、小屋も箱も各ホールに設置されたレイアウト図には載っていないので、見えなければ狙いはフェアウェイ中央ですが、フェアウェイには、左(池側)への傾斜があるので、レイアップは少し右寄りに狙いを定めるほうがいいでしょう。

二打目
残り213ヤード地点
このさきで、フェアウェイが切れていて、バンカーが真中に横たわっています。
DSC_0572

ここからはツーオン可能な距離です。
しかし、グリーン前が池なので、得意な距離を残したほうが安全。
その場合の目標は、グリーン横にある木の少し手前に定めてください。ただし、行き過ぎにはご注意を。
DSC_0573b

DSCD887

残り55ヤード地点、木の手前です。
DSC_0575
ここまでくれば、池は気にならないのでピンを狙っていけるでしょう。

DSCD890

グリーン
池に向かって速くなっています。セオリー通りに手前から攻めるのが得策。
また、下の写真では右手にあるグリーンの池側の端に行くと、池にこぼれ落ちることもあります。
IMG_1172b

少し角度を変えて
IMG_1173b

グリーンの奥からティー方向を見ています
DSC_0576

お疲れさまでした。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索