タートルベイGCパーマーコース攻略法 2015年夏版 (#10~12)

タートルベイGCパーマーコースのバックナインに入ります。
10番ホールから12番ホール、
ラウンド当日でもスマホで確認できる、各ホールごとのお役立ち情報です。

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

★10番ホール PAR 4★
359ヤード Handicap 6
軽い右ドッグレッグ
↓向かい風の時が多い

右側にはウォーターハザードがグリーン横まで続き、フェアウェイ左のバンカーまでは、ゴールドティーから246ヤードあります。
DSCD824

ティーショット
DSC_0484

狙い目は残り150ヤードを示すポールの左側、その先に見えるフェアウェイ左のバンカーの中に打ち込む気持ちで。そのバンカーの右手前あたりにつければ最高です。
DSC_0483b

右側だけは避けてください。池と林がグリーンまでずっと続いています。

残り150ヤードを示すポール
↓←右から向かい風の時が多い
DSC_0486b
プレーヤーがいるのは131ヤードを残す、二打目としては理想的なポジション。

グリーン
左から右への傾斜で、特に右手前はこぼれることも。
IMG_1039b

DSCD828

グリーンの奥からティー方向を見ています
DSC_0490

★11番ホール PAR 4★
396ヤード Handicap 2
右ドッグレッグ

このホールでも右側には、グリーン横までウォーターハザードが続きます。
DSCD829

ちなみに、6番ホールから続いている右手のウォーターハザードの内側は、鳥獣保護区に指定されているエリアなのだとか。

ティーショット
→↓風は左から、やや向かい風の時が多い
DSC_0497b

ここでも残り150ヤードを示すポールの先あたりに行くとベストでしょう。
DSCD832

そのためには、奥にある、頭一つ高い木を目標にしてください。下の写真では右側に写っている木です。そこに向かってフェイドで打てるとショートカットにもなります。
DSC_0495b

ただし、風もあるので、フェイドがかかり過ぎると流されて、右手のウォーターハザードに入る可能性があります。
もしも、自信がなければ、手前の木を目標にしたほうが安全かもしれません。

二打目
池越えで残り131ヤード
→↓左からの向かい風の時が多い

ここまで来ると、ティーショットの時には向かい風ても、ここでは感じられなくなります。クラブ選択を間違えないようにするのがカギです。
DSC_0499

DSCD834

グリーン
写真ではわかりづらいのですが、手前から奥にかけての上りになっています。
IMG_1044b

DSC_0501b

このコースで二番目に難しいとされる11番ホール、パーが取れたら最高です。

グリーンの奥からティー方向を見ています
DSC_0502

★12番ホール PAR 5★
442ヤード Handicap 12
このコースでは数少ないストレート
→風は左からの時が多い

フェアウェイ右のバンカーは、キャーリーで204ヤード飛ばせばクリアできます。
DSCD836

ティーショット
DSC_0508

フェアウェイキープを目指し、フェアウェイの左右にある二本の木の間を狙って、外さないようにしたいものです。
DSC_0507b

二打目
残り194ヤード地点
距離的にはツーオン可能ですが、今度は左側に池があるので、ミスをするなら右側の気持ちで。
DSC_0510b

DSCD840

グリーン
DSCD840b

DSC_0511b

IMG_1045b

右手にあるバンカー寄りから
IMG_1046b

グリーンの奥からティー方向を見ています
DSC_0513

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索