カポレイGC攻略法 2015年春版 (#10~12)

海外ローミングやモバイルWIFIルータなどネット環境があればラウンド当日でもスマホで確認できる、各ホールごとのお役立ち情報、カポレイ ゴルフクラブの10番ホールから12番ホール。

カポレイ ゴルフクラブ
DSC_0090b

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

まず最初に、バックナインからスタートするかたのために全体の総括を。

ティーショットでは広々とした所に向かって打てます。
しかし、要所要所にバンカーは配置されているうえに、風の影響を計算する必要があります。グリーンはほぼ全てのホールが砲台になっており、二段グリーンのホールも数多くあります。

特に風の強い日には、長いクラブを使うと影響を受けやすいので無理をしないクラブ選択が重要でしょう。
パー5ではスリーオンでも仕方ない、というぐらいの気持ちで臨むといいのかもしれません。

それでは、各ホールごとに見て行きましょう。

★10番ホール PAR 4★
367ヤード Handicap 4
風は左前から→↓の時が多い

フェアウエイ真ん中から少し右目がベスト。
DSC_0245

ですが、左からの向かい風の時が多く、風に右側へ持って行かれると池に入ってしまうので、風の強さにもよりますが、スライスする人は左奥のバンカーの方を向いて打っても
良いかも知れません。

ただし、バンカーより左に行ってしまうと、グリーンは狙えなくなります。

DSC_5528

二打目
風が弱ければ残り130ヤード前後までいくことでしょう。
DSC_0249

右側からのほうがバンカーを気にせずグリーンを狙えるのでベストポジションです。

写真では、フェアウェイにところどころ枯れている部分が見られます。
これは、エアレーションを控えて意図的に芝の根を切っていて、バミューダ芝の所だけが枯れているためです。
パスパラム芝は枯れないため、このような見栄えになるものの、撮影の三週間後には見事な状態に戻っていました。

グリーン
砲台です。クラブ選択がポイントになり、風が強い時は右に流されてしまうので、無理をせずグリーン手前から攻めた方が良いかも知れません。
DSC_0250

右手前から見たグリーン
DSC_0252

グリーンから、このホールを振り返ってみました。
DSC_0255

★11番ホール PAR 4★
337ヤード Handicap 14
右ドッグレッグ
風は右から←の時が多い(10番ホールの逆)

ドライバーだと届く可能性がある右の池には入れたくないので、左のターゲットバンカーを狙うと良いでしょう。
DSC_0258b

残り150ヤード地点
DSC_0259

ニ打目
残り120ヤード前後になると思いますが、やや左足下がりやつま先下がりのライになるのでスライスして池に入らない様に気を付けたいところです。
DSC_0262

グリーン
意外と転がってしまうので、ピンポジションが奥の時は無理せず、手前から攻めた方が無難。

ミスをするなら届かない手前のほうがベストです。
グリーン左からのアプローチは、池に転がって落ちる可能性があるので厄介なことに。
DSC_0265b

グリーンから、このホールを振り返ってみました。
DSC_0266

★12番ホール PAR 3★
142ヤード Handicap 16
風は左から→の時が多い

クラブ選択がポイントでしょう。
白ティーからだと池は気になりません。
DSC_0272

が、風が強いと右に流され転がってしまうことも。

グリーン
二段です。ピンが真ん中で傾斜の下にある時は、傾斜を利用して戻すのも一つの手です。
ホールインワンが出るかも知れませんよ。
DSC_0277b

グリーンから、このホールを振り返ってみました。
DSC_0120

13番ホールへつづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索