カポレイGC攻略法 2015年春版 (#4~6)

海外ローミングやモバイルWIFIルータなどネット環境があればラウンド当日でもスマホで確認できる、各ホールごとのお役立ち情報、カポレイ ゴルフクラブの4番ホールから6番ホール。

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

フロントナインからスタートでしたかたも、三ホール終えて、このコースの雰囲気に慣れてきたころでしょう。

★4番ホール PAR 4★
362ヤード Handicap 17
右ドッグレッグ
↑風はフォローの時が多い

右ドッグレッグですので左から攻めて行きたいところです。
DSC_0032

左右のバンカーは、白ティーから200ヤードを超えているものの、フォローの風で届く距離なのでご注意を。
DSC_0173

写真では、フェアウェイにところどころ枯れている部分が見られます。
これは、エアレーションを控えて意図的に芝の根を切っていて、バミューダ芝の所だけが枯れているためです。
パスパラム芝は枯れないため、このような見栄えになるものの、撮影の三週間後には見事な状態に戻っていました。

右のバンカー手前に行くと、こんな感じで残り155ヤード。
この位置からはグリーンが見えません。
もしも、このあたりにいきましたら、グリーン右前にバンカーがあるので右から五番目のパームツリーあたりを狙うと良いでしょう。

DSC_0176

二打目
フェアウエイ真ん中をキープ出来れば残り120ヤード前後になるはずです。
フォロー+上りなのでクラブ選択がポイント。
DSC_5433

グリーン
DSC_0180

グリーンから、このホールを振り返ってみました。
DSC_0036

★5番ホール PAR 3★
140ヤード Handicap 13
風は右から←の時が多い

クラブ選択がポイントになります。
いつもよりも一~二番手上のクラブを選択すると良いかもしれません。
DSC_0037

グリーン
思ったより右に切れていくので、ライン読みに注意してください。
DSC_0186

グリーンから、このホールを振り返ってみました。
DSC_0044

★6番ホール PAR 4★
320ヤード Handicap 5
↓向い風の時が多い

この写真からは伺いしれませんが、
グリーンの手前でフェアウエイが切れています。
DSC_0190

白ティーからフェアウェイが切れるところまで250ヤード前後、向い風が強ければドライバーでも問題ないものの、飛ばし屋は風の強さによってはドライバーではなくウッドで
攻めてみても良いかもしれません。

ここは、フェアウェイ左狙いです。
右側にはバンカーがあり、先端は白ティーから200ヤードで届く距離ですし、先にいくにつれティーとグリーンを結ぶ中心線に寄ってきます。

残り155ヤード地点からズーム
DSC_0193b

二打目
ミスしなければ残り120~130ヤードくらいです。
DSC_0195

フェアウエイが切れた先、グリーンまでの間のラフはアップダウンもあり、アプローチが格段に難しくなるので間に落とさないにこしたことはないです。
カポレイ ゴルフクラブで一番むずかしいグリーン周りでしょう。

グリーン手前にあるポットバンカーにも要注意。
DSC_0198b

グリーン
二段です。その日のピンと同じ位置につけるイメージで。

グリーンから、このホールを振り返ってみました。
二段になっていることや、周囲のアップダウンもわかるでしょう。
DSC_0054

7番ホールへつづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索