カポレイGC攻略法 2015年春版 (#1~3)

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

このブログも、遅まきながらスマートフォン対応になり、従来のように日本出発前ばかりでなく、ネット環境を準備していけば当日ゴルフコースでも、スマホで簡単に読むことが出来るようになりました。

そこで、あちこちラウンドしてきた時に仕入れたノウハウを、各コース、各ホールごとに順次紹介していきたいと思います。

GPSナビのアプリやサテライト画像などからでは決してわからないホールごとの狙い目、傾斜や風のこと、200ヤード先の写真などを、専用アプリなどをインストールする必要もなく、ただブラウザで見るだけ、直前までチェックしてラウンドしたら好スコアが出た!となることを期待しています。

すでにパールカントリークラブで試行して好評だったことから、
今回カポレイ ゴルフクラブを本格的に、その方法で紹介していきます。
DSC_0336

カポレイ ゴルフクラブ
ホワイトティーから6232ヤード Par 72
Rating 70.2 Slope 131

まず最初に、全体の総括を。
ティーショットでは広々とした所に向かって打てます。
しかし、要所要所にバンカーは配置されているうえに、風の影響を計算する必要があります。
グリーンはほぼ全てのホールが砲台になっており、二段グリーンのホールも数多くあります。

特に風の強い日には、長いクラブを使うと影響を受けやすいので無理をしないクラブ選択が重要でしょう。
パー5ではスリーオンでも仕方ない、というぐらいの気持ちで臨むといいのかもしれません。

それでは、各ホールごとに見て行きましょう。
カポレイ ゴルフクラブの1番ホールから3番ホール。

★1番ホール PAR 5★
498ヤード Handicap 7
S字ドッグレッグ
↑風はフォローの時が多い

左側の池は白からだと200ヤード少々で届く距離です。
右側にはペナルティーが無いので、安全を期して、やや右を向いて打ったほうが無難かも。
DSC_5382

二打目
残り258ヤード付近。
DSC_0009
左後ろからのフォロー
グリーン右にあるバンカーに気を付けてください。

ツーオンを狙わなければ、やや左から攻めることで、花道からの三打目になるでしょう。

三打目
打ち上げになります。
グリーンまで残り61ヤード。
DSC_0013

打ち上げでカップが見えないため、ちょっと打ちづらいかもしれません。

グリーン手前からはカートで入れませんので、カップの位置をカートのGPSナビで確認します。

グリーンまで歩いて見に行ってもいいのですが、この写真でピンは、かなり奥のほうに切ってあるように見えるでしょう。
DSC_0152

でも、実際には下の写真のように真ん中でした。
DSC_0016

二段グリーンのなせる技です。
カートのGPSナビで確認したほうが無難ですが、いずれにしても、出来ればカップのある方に乗せたいところです。

★2番ホール PAR 4★
378ヤード Handicap 1
↓向い風の時が多い

早くも二番目のホールで、
一番このコースで難しいホールにやってきます。

右左のバンカーは白ティーから200ヤード少々ですので、風の具合によっては届く距離かも知れません。
DSC_0155

左の人は残り186ヤード
DSC_0019

残り150ヤード前後。
DSC_0157

二打目
右のバンカーに入れてしまうと難しくなるので、ミスをするなら左側です。
DSC_0158b

このコースで典型的な砲台グリーン
DSC_0159

グリーン
二段グリーンなので、カップと同じレベルに乗せたいところです。
DSC_0021

グリーンから、このホールを振り返ってみました。
DSC_0024

写真では、フェアウェイにところどころ枯れている部分が見られます。
これは、エアレーションを控えて意図的に芝の根を切っていて、バミューダ芝の所だけが枯れているためです。
パスパラム芝は枯れないため、このような見栄えになるものの、撮影の三週間後には見事な状態に戻っていました。

★3番ホール PAR 4★
381ヤード Handicap 15
↑風はフォローの時が多い

ティーショット
ここでも左右のバンカーは白ティーから200ヤードで届く距離です。
安全策で3ウッドを選んでも良いかもしれません。
とにかく、バンカーに捕まらないようにするのみです。
DSC_5415b

二打目
フォローなのでフェアウエイ真ん中をキープ出来れば、残り100ヤードぐらいの位置に行くはずです。
DSC_0167

引っかけて左のバンカーに入れてしまうと、グリーンが見えませんので、もしも、入れてしまったら、三本あるパームツリーの一番右側が目印になります。顎も高いので無理のないクラブ選択で。
DSC_0027b

グリーン右側にバンカーがあるのでこれも要注意。
このコース全体に言えることですが、グリーン周りにあるバンカーは深くて難しいです。
DSC_0170b

グリーンから、このホールを振り返ってみました。
DSC_0030

4番ホールへつづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索