何度回っても飽きのこないパールCC(4)

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
奥の深いパールカントリークラブの後半戦を紹介していきます。

10番ホール Par 4
348ヤード Handicap 8

オアフに多い貿易風(トレードウィンド)の時は向い風になり、
上りで、かなりの右傾斜。H/C8ですが向かい風の強さによっては
2オンが厳しいホールかも知れません。
右傾斜での転がりを考えて狙いはフェアウエイ左側。
真ん中に飛んでも、かなり右に転がります。
DSC_1098

グリーンセンターまで130ヤード。
この日のピンポジションもセンター。
写真ではわかりにくいですが、アゲンストの風とアップヒルで
一番手もしくは二番手、大きくしたほうがいい二打目です。
DSC_1099

グリーン右に行くとブッシュに入りがちなるので、左狙いです。
DSC_1101

下の写真はグリーンからこのホールを振り返ってみたところ。
上りと傾斜がおわかりになれるかと思います。

また、グリーンはティー側から見て手前から奥に向かって遅く、
奥から手前が早くなっています。(写真では手前から奥が早い)
ピンの左右からのパットは、かなり切れますのでご用心を。
DSC_1105
(グリーンからティー側を見ています)

11番ホール PAR 4
376ヤード Handicap 12

真直ぐなホールです。
先ほどのホールと反対で風はフォローの時が多く、
左傾斜なのでフェアウェイの右側から狙って行くと良いでしょう。
右側にあるヤシの木あたりがターゲットポイントです。
DSC_1107b

フェアウエイ中央より左に行くと
転がってフェアウエイを外してしまう可能性が高くなります。

右側から左の平らなところまで落ちて来ました。
二打目は上り。グリーン左にあるバンカーに入れると大変なので
ミスをするなら右側。ピンが左にあったらグリーンセンター狙いが無難です。
フォローで上っているのででクラブ選択に気を付けて。
DSC_1112b
センターまで122ヤード、ピンポジションは左手前。

グリーンの少し手前を横から見た図。
ピンフラッグを見ると、いかにこの時の風が強いかがわかるでしょう。
ティーが写真の左側にあり、正面に見える海に向かって芝目がきついです。
DSC_1114

このホールのグリーンからの眺めは抜群です。
お見逃しなく!
DSC_1113

12番ホール PAR 5
526ヤード Handicap 2

後半で一番難しいホールです。
パールオープンに参加していたプロでさえ2オンが難しかったほど、
パールカントリークラブの中で一番長いパー5に来ました。

距離だけでなく、トレードウィンド(貿易風)の時は向い風になるので、
通常はアゲンストになるとお考えください。

さらに、グリーンまでダラダラとした上りで右傾斜、
右に流され林に入る可能性が非常に高いのでフェアウェイ左狙いです。
右側にいくと林の中からになり、打ちにくくなります。
DSC_1121

このホールでは、ティーグラウンドからの眺めもお忘れなく。
DSC_1123

右側に行った残り350ヤードぐらいの地点。
DSC_1124

まだまだグリーンは遠く、ここから200ヤードあります。
DSC_1125

クリーンセンターまで70ヤード、ピンポジは中央の奥。
DSC_1126

グリーンは写真右から左が順目。イヤー長いホールでした。(@_@)
DSC_1127

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索