何度回っても飽きのこないパールCC(2)

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
ラウンドし応えのあるパールカントリークラブの続編は、
ここのコースで一番難しいホールからになります。

4番ホール PAR 4
411ヤード Handicap 1

風は左から右、アゲンストになることが多く、
風に流される可能性があるので比較的左目狙いが得策。

フェアウエイはかなりの上りになり、グリーンは見えません。
DSC_1026

ですが、元々ティーグラウンドがフェアウェイのやや左側に向いているので
あまり左目を意識しないほうがいいかもしれません。

上りきった先を見通すしたら、こんな感じ。
DSC_00669c


ゴールドティーからラウンドしている、この日の相方の二打目。
グリーンセンターまで250ヤード以上あります。
DSC_1028

相方の三打目。左下にセンターまで残り100ヤードの標識あり。
DSC_1031

二打目を大きく右に外してしまった私は、
今日はかなり風も強く2オンは無理でした。三打目の位置から。
DSC_1034
この日このホールのピンはグリーン中央。GPSナビアプリではあと93ヤード。

ボギーでも仕方ないホールですね。
DSC_1035
グリーンからチラリと見える真珠湾で気を取り直しましょう。

5番ホール PAR 5
472ヤード Handicap 7

左下りドッグレッグのホールです。
左コーナーのヤシの木の右側が狙い目。
ドライバーが飛ぶ人はヤシの木を目印に。
DSC_1044b

ですが、
狙う時は真直ぐかフェイドで打てればOK、ドローで打ってしまうと、
傾斜に止まってしまう可能性があるので注意です。
ドローの場合はショットカットせずに素直に打ったほうが無難。

こちらはゴールドティー。
DSC_1046

二打目は、左正面の丸い目印(的)を狙って打ちますが、
左に行き過ぎるとOB、右はウォーターハザード(赤杭1ペナ)です。
センターをキープすることを心がけましょう。

パー5なので無理をしないように。
と言いながらもミスをするなら左側です。
傾斜を使ってフェアウエイに戻って来ます。
DSC_1048
グリーンまで280ヤード前後残しています。

残り150ヤードの位置から見たグリーン。
ご覧のように、左側はかなりな傾斜になっています。
昔はラフの芝が深かったのですが、今は短く刈られて下に落ちてきます。
DSC_1049
ピンポジは中央手前

実はミスをして、かなり左に行ったのですが、
傾斜のおかげでこの位置まで来てしまいました。
DSC_1052
ここからの三打目は向い風になるのでクラブ選択がポイントになります。

グリーンから振り返るような形で撮られた相方のアプローチ。
DSC_1053
以前は写真右側の部分がラフになっていて傾斜を利用できませんでしたが
現在ラフはカットされているのでプレーもし易くなりました。

6番ホール PAR 3
154ヤード Handicap 17

貿易風(トレードウィンド)の日、風は左から右で
ティーグラウンドでは「やや向い風」程度に感じられても、
実際には上空は、かなりの向かい風になっていることが多いです。
(ティーグラウンドでは左の木々で風は弱められています)

あまり多くないコナウィンドの日でない限り、
アゲンストに備えて一番手上げることを、お勧めします。

若干左目が狙い目。
右寄りに行くと、風に流されカート道路の方へ運ばれてしまい、
そこに跳ねてブッシュに入りかねません。
DSC_1055

このホールは左に川が流れているので、
上からのパットは芝目が右に流れているので要注意です。写真では右側が川。
DSC_1056
また、こうしてみると、ティーグラウンドからグリーンに向かって
上がっていっているのが、よくわかります。

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索