何度回っても飽きのこないパールCC(1)

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
今回はパールカントリークラブにやって来ました。
DSC_0009

このコースは、これまでにも何度か紹介しているので、
早速プレーに入りたいと思います。スタートは午後2時。
前にも、そんな時間からここでラウンドしましたっけ。

ピンの位置は7番でした。
DSC_1097
カート備付のチャート(写真手前)と照合すれば、
その日の各ホールのピンポジがわかる仕組みです。

1番ホール 507ヤード
Par 5 Handicap 3

真直ぐなロングホールで、やや左傾斜。
フォローの風が吹いていることが多く、
飛ばし屋なら2オン可能なホールかも知れません。
DSC_0993

フェアウエイ真ん中がもちろんベスト。
でも、真ん中に落としても、丁度その辺りは左傾斜になっているので、
カート道路を超えて左に行ってしまう可能性があります。

白ティーの右側は住宅保護のための網があり、
どうしても左側に行きがちですが、ここは右狙いです。

もちろん、大きなスライスはOBになるのでダメですが、
右側にあるのはパームツリーなので出すのは左側より出しやすいと思います。

左側は2番ホールとの間に大きな木が立ち並んでいるだけなので
大きくミスをしても大丈夫でも、フェアウエイに戻すのが大変。
DSC_00655b

二打目もフェアウエイをキープ出来れば、バーディーチャンスになるかもしれません。
無理をせず得意な距離を残しましょう。

グリーンセンターまで250ヤード
DSC_0999

二打目はちょっと右に行ってしまいました。
クリーンセンターまで77ヤード。ここまで来ると左傾斜はありません。
DSC_1001

この日のピンの位置が左手前でしたので、左から攻めました。
両脇にバンカーはあるものの、2オンを狙わなければ、花道は広いので、
さほど気になりません。

グリーンは手前から奥にかけて、とても早い順目です。
この時グリーンにはエアレーションの跡がまだ少し残っていました
DSC_1005
実施から三週間は経っているのですが、今年は天候不順が続き、
芝の成育が遅れているようです。

2番ホール PAR 4
328ヤード Handicap 15

真直ぐなホールで、ここはハワイに多い貿易風の日なら向い風になります。
先ほどの1番ホールと逆で左から右への傾斜になりますので、
基本は真ん中ですが、フェアウェイの左側を狙うのも良いかな。
ダウンヒルだった1番ホールと反対にアップヒルになります。
DSC_1008

グリーンセンターまで残り110ヤードほどからの二打目は、
砲台グリーンですし、アゲンストの風の強さによりますが、
クラブ選択がポイント。番手一つより二つぐらいあげたほうがいいことも。
DSC_1010
ピンポジションは左奥でした。

グリーン奥から見たところ。砲台なのが見て取れます。
DSC_1012
ティー側の手前から奥(写真では反対に奥から手前)は逆目になるため、
とても重いです。

3番ホール PAR 3
184ヤード Handicap 13

ちょっとした池絡みでフォロー気味の風の時が多いホールです。
パールCCには数少ない池が初お目見えです。

ここもクラブの選択だポイントでしょう。両脇にバンカー。
打ち上げのアプローチになりかねない右側よりも、
平らになっているグリーン左側のほうがリカバリしやすいです。
DSC_1016

DSC_1019

グリーンは手前から奥にかけて順目になるので、
基本、手前から転がして攻めた方が無難でしょう。
DSC_1022

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索