番外編・バンコクでゴルフ三昧(3)

ハワイのゴルフツアー会社に勤めるスタッフTさんが、
出張先のバンコクでラウンドしてきたの第三弾は、
世界中の名門コースのシグネチャーホールをレプリカした
ザ ロイヤルジェムス ゴルフシティ。

今はバンコクの空の玄関口の主役から退いたドンムアン空港の少し先にあり、
中心部から車で約50分ほどのところにあります。

The Royal Gems Golf City
DSC_0988

ザ ロイヤルジェムス ゴルフシティ 1番ホール
DSC_0644
米国ペンシルベニア州、オークモントGCにある
見た目から教会の信者席、チャーチビューズバンカー(Church Pews bunker)
と呼ばれる有名なバンカーがフェアウェイの左側に見えています。

ザ ロイヤルジェムス ゴルフシティ 3番ホール
これは有名なTPCソーグラスの17番ホールを再現したものです。
ブラックティーからは140ヤード。
DSC_0686

DSC_0803b

画面左側に3番ホールのティー、
中央に同ホールの浮島グリーン、
そして右側には4番ホールのティーグラウンド。
DSC_0705

カートはラフまで入ることができていました。フェアウェイは不可のようです。
ザ ロイヤルジェムス ゴルフシティ 4番ホール
DSC_0709b

6番ホールのグリーンには、セントアンドリュースの17番ホールにある、
ザ ロードホール バンカー(The “road hole bunker”)が待ち構えています。
DSC_0753b

後半、バックナインはオーガスタ ナショナルGCに似せたレイアウトです。

10番ホール、カメリア(Camellia)
DSC_0828

11番ホール、ホワイト・ドッグウッド(White Dogwood)のグリーンと、
その向こうに
12番ホール、ゴールデン・ベル(Golden Bell)
DSC_0850

このコースも、キャディーさんがプレーヤー一人に一人つきます。
DSC_0936
16番ホール、レッドバッド(Redbud)

そして最終、18番ホール、ホーリー(Holly)
DSC_0971b

周囲の景色は全然違いますが、コースのレイアウトそのものは
まさに、あのテレビで見るマスターズのもの、そのままです。

ここもメンバーズコースですので、誰でも気軽にプレーできるわけでは
ないようですが、バンコクにお越しの折には試してみてはいかがでしょうか。

タイ出張の番外編はここまで。
次回から、通常通りハワイに戻ります。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索