番外編・バンコクでゴルフ三昧(1)

ハワイのゴルフツアー会社に勤めるスタッフTさん、
出張でタイのバンコクへ行く機会があり、
ゴルフもラウンドしてきました。

ということで今回は超番外編、バンコクのゴルフ場です。

バンコクでご一緒してくださったのは、
2010年2月、ハワイのパールカントリーで開催された
ハワイパールオープンで初優勝を飾っている谷 昭範プロ。

パールオープンの伝統は途絶えてしまいましたが、
今でもパールカントリークラブには優勝者の額が飾られ、
その中には、もちろん谷プロのものもあります。

その谷プロ、2015年現在は、アジアンツアーで活躍中です。
ジャカルタで開催されるトーナメントの前に、長年慣れ親しんだ
バンコクのゴルフ場での練習ラウンドに同伴させてもらう形になりました。

ご存じのかたも多いと思いますが、
タイのゴルフではプレーヤー一人にキャディーさん一人付くのが基本。

何でもセルフサービスの米国流ゴルフ環境が長いスタッフTにとっては、
キャディーさんが一組に一人付いてお世話してくれる日本式を飛び越し、
プレーヤーが王様気分を味わえるというタイのゴルフへ一足飛びです。

やってきたのは、バンコクの空の玄関口、スワンナプーム空港に近い、
タナ シティ ゴルフ (Thana City Golf & Sports Club)。

DSC_0152

日本からのフライトでは到着日のプレーは時間的に合わないものの、
日本への帰国が夜行便だったら、ホテルのチェックアウト後に
1ラウンドし、クラブハウスのシャワールームでさっぱりしたあと
空港に向かうという、帰国日ラウンドも十分に可能なロケーションと設備を
備えたゴルフ場です。

空港から近いだけあって、着陸態勢の旅客機もよく見えます。
(タナ シティGC #10ホール)
DSC_0047

一人に一人ずつキャディーさんがつくので、グリーンではこんな感じ。
この日は5サムでしたので、合計10人!
(タナ シティGC #11ホール)
DSC_0059

キャディーさんに狙い処を聞いています。
(タナ シティGC #17ホール)
DSC_0163

思わずミリラニGCに似てると口にしたスタッフTのショット。
(タナ シティGC #15ホール、パー4)
DSC_0123

カートはフェアウェイの中まで乗入OK
(タナ シティGC #14ホール)
DSC_0105

バンカーには何度も苦しめられたスタッフT
(タナ シティGC #7ホール)
DSC_0274

コースコンディションや南国の雰囲気は今ひとつでしたが、
頭上の航空機を除けば落ち着いた雰囲気のコースでした。
(タナ シティGC #7ホール)
DSC_0268

次回もバンコクで、別のコースを紹介します。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索