レディプレイのすすめ

こんにちは、
ゴルフツアー会社のドライバー、ミキです。
今回は、ある日のお客様と私の会話から。

お客様
「運転手さん、バニアンにいつも滞在する近藤さん(仮名)もう来ているかね?」

「近藤さんですか? 私はまだ今年はお会いしていません。お友達ですか?」
お客様
「毎年お互いこの時期にハワイに来るんだよ。ゴルフツアーで知り合ったんだ。」
「今年も来ているかと思ってね。」

お一人やお二人でゴルフに参加されるかたは、
ゴルフ場で知らない人と一緒にラウンドされることも多々あります。

その日に知り合った人と楽しい時間を過ごし、気が合ったりすると
お友達になり、また来年会いましょう!と再会を願う。
それもハワイでゴルフをする楽しみの一つです。

でも、知らない人と一緒にゴルフをするのは不安だわ、という人のために
ハワイで楽しくゴルフをしていただくためのヒントをいくつかご紹介します。

大切なのは、スムーズにプレイすることですよね。
ローカルの人は「レディプレイ」をします。

まずティーショットは、前のホールでのスコア―に関わらずレディ(ready)、
つまり準備ができている人から打ちます。

二打目以降もピンまでの距離ではなく安全確認をしたうえでレディプレイ。

レディプレイのイメージ
RK0400300c
小さくてわかりづらいのですが、
グリーンに近いバンカー横の人が先に打っています。

急ぐわけではありませんが、スムーズにプレーする為に
ハワイの人たちが使う方法です。

ラウンドが始まる時に、誰となくレディ―プレイにしましょう、と提案があります。

次回、ハワイのかたと組合せになって、「レディ―プレイ」という言葉が
出てきたら、このことを思い出してください。

日本の習慣とは違って最初は戸惑うかもしれませんが、
このレディ―プレイでテンポよくプレーするのはいいものです。
ハワイのかたが一緒でなくても実践してみてはいかがでしょうか。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索