ただはるのハワイ珍道中・カポレイ・ゴルフクラブ編2

アロハ~
全世界850コース以上をラウンドした特別調査員 ただはるです。

本日は、カポレイゴルフコース第2弾の紹介です。

IMGP0999
No.10 – Par 4 – 407 yards
右はグリーン近くまで池に覆われた真っ直ぐなミドルホール。
この日は天気もよく、まさにゴルフ日和で最高のコース
最高の仲間、最高のゴルフでした。
え、スコアーーーそれは想像にお任せします。【泣】

IMGP1008
No.11 – Par 4 – 377 yards
このホールは、逆にグリーン側から2打目地点まで
右が池に覆われたミドルホールです。
本当に池をたくみに取り入れるのがうまい方です。

IMGP1011
No.17 – Par 3 – 201 yards
どんなに素材がいいコースでもメンテナンス次第で印象は大きく変わります。
しつこいようですが、カポレイのメンテナンスはトーナメント後【2週間前】とはいえ
非常に美しくそして綺麗に管理されていました。

IMGP1018
No.12 – Par 3 – 183 yards
フェアウェイだけでなく、グリーンも非常に綺麗に管理されています。
カポレイはパスパラムというオーストラリアの芝をしようしていますが
日本のペンクロスと違い少し葉が硬めなので、流し込むというより
コーライのようにラインをつぶす打ち方がいいかもしれません。【あくまでも私の感想です】但し、海に向かって芝目が強いのでそこは注意が必要です。

IMGP1076
No.18 – Par 4 – 415 yards
ここも池が絡んだ最終ミドルホールです。
手前はお約束の滝からの池ですが、個人的にこのホールは
非常にうまく設計されている気がします。
シングルの方や飛距離が出る方は感じないと思いますが
私みたいに220ヤードぐらいしかドライバーが飛ばないと、2打目はウッドを持つ必要があり
ピンが左だとどうしても池越えになり、力が入ってトップし池の餌食になってしまいます。
ゴルフは考えるスポーツなので、いろいろ考えてプレーする楽しみも
ゴルフの魅了なんでしょうね。【笑】

IMGP0995
【おまけ】
海外のゴルフ場というと、プレー代はプロショップで払うことが多いので
クラブハウスは質素なところが多いです。
しかし、ハワイはリゾートコースが多いからでしょうか立派なクラブハウスのゴルフ場多いです。
この日はスルーでラウンドして、コース内のレストランで昼食をとったのですが
クラブハウスと比例してレストランも綺麗で食事もおいしかったです。
※ボリュームがあるので3人で2人前程度がいいかもしれないです。
おススメはクラブハウスサンドイッチです。
個人的には、カポレイが人気のある理由は走攻守全てにレベルが高ことなんでしょうね。
野球に例えていますが、走【コースレイアウト秀逸】攻【メンテナンスが秀逸】守【クラブハウスが豪華】
これも主観的ですみません。
しかし、コオリナといい、カポレイといい
ハワイは本当にゴルフ天国です。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索