プリンスGCでトーナメント参加(後編)

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
先日、地元開催のトーナメントに参加してきました。

会場はハワイプリンスゴルフクラブです。
私は、Cコース1番ホールから。
DSC_7470

次は、左側に池があるCコースの2番ホール。
このコースのシグネチャーホールの一つです。
IMG_1942b
写真左手の白い矢印の先にティーボックス、
同右手の緑の矢印の先にグリーンがあります。

左ドッグレッグで池越えを狙ってショートカットするか
素直にフェアウエイから攻めるか。
素直に攻めると二打目に少し距離が残るホールです。
ショートカットすると池に入る可能性も大きく、
果敢に攻めるかどうかとの選択に悩むホールです。

次は、一気に飛んでCコース7番ホール。
前回にも書きましたが、真剣勝負でしたので今回
プレー中の写真はほとんどないです。ご容赦ください。

話は戻ってCコース7番ホール、
ここもハワイプリンスGCのシグネチャーホールです。
IMG_1943b

Cコースで九ホール終えた後は、Aコースへ。

Aコース1番ホール。
IMG_1946b

右の池はあまり影響がないので心配いりません。
右ドッグレッグですが、右のパームツリーのショットカットを狙わず、
素直にフェアウエイから攻めたほうが無難でしょう。

Aコース7番ホール。
またまた右ドッグレッグのホールです。
この日、風は左斜め前から右へ。
この風向きでは流され池に入る可能性があるので
注意されたほうがいいでしょう。
IMG_1947b

ショットガン方式では一斉にスタートしますので、
全員のプレーが終わるのもほぼ同時。
続々とカートが戻ってきます。

プレー終了後はスコアーカードを提出。
コンピュータにスコアーを打ち込むスタッフ。
DSC_7479b
計算方法はダブルぺリア方式です。

ダブルぺリア方式とはいったい何?
ゴルフのハンディーキャップを算出する方法の一つです。

―隠しホールの設定―
インとアウトそれぞれ、
パー3から1ホール、パー4から4ホール、パー5からは1ホールを選び、
その合計12ホールがパー48になるように設定します。
(これはプレーヤーが決める事は出来ません。)

―計算方法―
(12ホールのスコアー合計×1.5-そのコースのパー)×0.8=ハンディーキャップ
これでプレーヤーのハンディーキャップが決まり、
ネットスコアーが出てきます。

と言う事で、この隠しホールのスコアーが悪ければ
ハンディーが上がりスコアーが良くなるわけです。

表彰式を兼ねたパーティー会場は、
場内のレストランです。
DSC_7476b

成績発表の前に、
二人のプロが紹介されました。
DSC_7486b

豪華賞品が沢山!
ソニーのテレビやホームシアターシステム、
日本への往復航空券や千ドルのキャッシュなどなど、
でも私は今年も何ももらえませんでした(*_*;
DSC_7494b

でしたが回も楽しいコンペでした。
ちなみに参加費用は百ドル。朝食、昼食、お土産付き。
更に商品をゲット出来ればチョーお得かな~。 来年また頑張ろーっと!

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索