GPSカート導入記念、ロイヤルハワイアンGC攻略(#10-12)

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
2014年8月にGPSナビ付きゴルフカートが新規導入された、
ロイヤルハワイアン ゴルフクラブ(Royal Hawaiian Golf Club)。

今回はバックナインに入っていきますが、
フロントナインに比べて開放的で見通しの効くホールが多く、
GPSナビがあれば特に説明は必要ないかもしれません。
それでも一応、狙い目や傾斜などをフロントナイン同様に
紹介していきます。

DSC_4702c

10番ホール PAR 5
438ヤード Handicap 18

このホールは軽い左ドッグレッグ。
全体的に左傾斜なので
右側を狙ったほうが良いでしょう。
P1010722c

DSC_7051b

グリーンからティーグランド側を振り返ってみたところです。
DSC_4714b
左傾斜(画面では反転して右傾斜)になっていることが良くわかる一枚です。
フェアウェイがくびれて狭くなっているところの近くに、
残り150ヤードを示すポールが建っています。

短いパー5になって、ここのコースで一番簡単なホールになりました。

11番ホール PAR 4
365ヤード  Handicap 2

このホールも左傾斜ですので
なるべく右を狙ったほうが良いでしょう。

残り150ヤードを示すポール(矢印の先)の周りからなら
フェアウェイが比較的平らなのでグリーンを狙いやすくなります。
DSC_7054b

ティーグランドからは見えませんが、グリーンまでの間には途中
ブッシュがあります。もちろん、GPSナビ画面にはバッチリ表示。

12番ホール PAR 3
133ヤード Handicap 10

有名なアイランドグリーン。
P1010748b
ブルーティーは右下、その奥にグリーンティー(124ヤード)。

ここではフォローの風の時もあるので
番手選びがより重要になるでしょう。
アイアンの正確なショットが求められるところです。
ミスをするなら右側の気持ちで。

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索