GPSカート導入記念、ロイヤルハワイアンGC攻略(#6-9)

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
今回はGPSナビ付きゴルフカートが新規導入された、
ロイヤルハワイアン ゴルフクラブ(Royal Hawaiian Golf Club)。

狙い目や傾斜などを各ホールごとに紹介して今回は
フロントナイン終盤の3ホールです。

DSC_4643c

6番ホール PAR 4
310ヤード Handicap 13

左ドッグレッグで更に左急斜面になっています。
175ヤード地点右側にバンカーがあり。
狙い目は残り150ヤードを示すポールの左側でしょう。
DSC_7030b

二打目はかなりの打ち下しになるため番手選びにご注意を。
ミスするなら右側。

この画像はティーグラウンド側を見ていてグリーンは手前になります。
白い丸印は残り150ヤードを示すポールの位置です。
DSC_4653b

これまで頻繁に登場する狙い目の
残り150ヤードを示すポール。
DSC_4812b

2013年に行われた改装時に設置されました。
残りのヤーデージ表示だけでなく、
狙いの目標としての意味も持たせて建てているそうです。
その狙い通り、プレーしやすくなっていることを今回、
改めて実感しました。

7番ホール PAR 3
139ヤード Handicap 17

打ち下ろしですので番定選びがカギでしょう。
この日、ブルーティーがブラックと同じ位置で162ヤードでした。
こうなると結構遠く感じます。
DSC_7038

また、グリーン右手前にはクリークがあるので
やや大きめのクラブで左狙いが良いかもしれません。
パー3なのでペナルティーは避けたいです。

8番ホール PAR 5
440ヤード Handicap 5

残念ながらプレー時にはクローズでした。
IMG_8307b

芝を根付けし直しているそうで、
2014年中の再開を目指しているとのことですが、
場合によっては2015年になるかもしれませんね。
それまではエキストラホールの3Bを代わりにプレーします。

このホール、2013年の改装ではグリーンの位置を
奥に移してパー5になっています。

改装前、17番ホールだったときのグリーン。
20120613135433b
当時は379ヤード Handicap 2でした。

改装で8番ホールになりグリーンは先に移動。
フェアウェイの真ん中の木や横のバンカーはそのままです。
IMG_8318b

 

IMG_8320c
以前グリーンがあったのは、木の下に見えるバンカーの右横でしょうか。
今は更に奥、白い矢印の先にグリーンがあります。

途中のカート道では作業員を見かけましたが、
この皆さんのおかげでロイヤルハワイアンGCは、
広々して快適な山岳コースに生まれ変わってきたのでしょう。

9番ホール PAR 4
359ヤード Handicap 1

左ドッグレッグのホール。
このロイヤルハワイアンGCで一番難しいホールになりましたが、
コースマネージメントをしっかりすればバーディー、パーも
不可能ではないホールです。

残り150ヤードを示すポールが矢印の先にあります。
このあたりに落とせれば最高でしょう。
DSC_7044b

GPSナビでもわかりますが、
240ヤードでフェアウエイが途切れています。

二打目の位置からは、ミスをするなら右側の気持ちで。左は崖です。
この日は左から右に風が吹いていましたが、
番手選びにご注意を。

このホールから後半のバックナインでは視界がひらけ
素晴らしい景色が展開していきます。

つづく

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索