「水の魔術師」テッド ロビンソンを極める(ワイケレCC編)

皆さんこんにちは!
ゴルフ大好きなカマアイナDonです。

ゴルファーにとって、ゴルフ場の楽しみ方は人それぞれ。
ベストスコアを狙う人、コースの戦略性を楽しむ人、
コースの景観を楽しむ人などなど。

ゴルファーの数だけ、楽しみ方がある思いますが今回は
ゴルフ場設計者に焦点をあわせてみることにします。
設計者がコースに託したメッセージを感じ取ることによって、
更に楽しむ事が出来るかも知れません。

取り上げるのは、数ある設計者の中でも世界的に有名な、
テッド・ロビンソン(Theodore (Ted) G. Robinson)氏。

1923年アメリカカリフォルニア生まれ、2008年没。
カリフォルニア大学バークレー校、南カリフォルニア大学で学んだ後、
デザイン会社を設立。

それ以後、世界中で160以上のコースに関わり、
代表作はハワイではラナイ島のエクスペリエンス アット コエレ、
オアフ島のコオリナ・ゴルフコース。
それに、アジアでも韓国チェジュ島のピンクスゴルフクラブ、
日本でも神奈川県大磯町のレイクウッドゴルフクラブなどがあります。

彼のコースの特徴は、滝・クリーク・池といった、
水のデザインです。

ニックネームは、”KING OF WATERSCAPE”。
「水の魔術師」と言われました。

小林光昭氏に大きな影響を与えた人物でもあり、
レイクウッドゴルフクラブ造成時に小林氏は
ロビンソン氏の水を用いたハザードの素晴らしさに感銘を受け、
以来、生きた水の使い方、水とコースの調和について研究を重ね
「水の小林」と言われるようになりました。

さて、ここハワイ・オアフ島には
テッド・ロビンソン氏によるデザインのコースは
コオリナゴルフクラブを始めとして全部で3コースあります。

その一つは、ワイキキから西へ30分のワイケレ カントリー クラブ。

パールハーバーと青い太平洋が一望でき、
またダイアモンド・ヘッドからコオラウとワイアナエの山々の
彫刻のように美しい斜面まで眺めることができます。

自然のまま、元からの地形にあまり手を加えず、
池や谷などの配置により景観美にあふれ、
挑戦的なコースになっています。

4番ホール
IMG_5133b


白から284ヤード、青から300ヤードと
ロングヒッターなら池越えのワンオンが狙えそうで
挑戦する意欲をそそられるホールです。
R0016969b

R0016973b

17番ホール
池超えのパー3になっていて、
グリーンの左側には滝が流れています。
ピンが左下に切られている時は、チャレンジです。
DSC_2234b

最終ホール18番
グリーンの右側にも滝があり
風向きによっては流されて入る可能性も有ります。
DSC_2220

右手前から
DSC_2223

R0016923b

WAIKELE COUNTRY CLUB 260b

WAIKELE COUNTRY CLUB 269

印象的にはコオリナゴルフクラブの縮小版って感じの水の演出です。
次回は、そのコオリナGCを取り上げます。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索