プレーの進行についてのアドバイス

菅谷です。

ここオアフ島のゴルフ場では、プレーの進行について
少しうるさく言ってくることがあります。

前の組との間隔があくと、
すぐにマーシャル(プレー進行係)が飛んできて、
KEEP UP!
早くプレーするようプレッシャーをかけていきます。
IMG_5834b

私達ゴルフツアーのドライバーは
ゴルフ場までの道中にプレーに際しての注意事項の一つとして、
カートの運転やクラブを紛失に要注意などということと合わせて、
このプレーの進行について前後の組とペースを合わせるよう
案内することがあります。

しかし、まだゴルフに自信がなく不安な気持ちでいる人たちは
これだけで萎縮してしまいかねないので、
このあたりを考慮して、不安にならないようにと、
こんなアドバイスを最近出しています。

それは、READY GOLFの実践です。


Ready Golfとは、
打つ準備が出来た人からどんどん打っていく、というもので、
グリーンから遠い人から順に打っていくことという、
皆さんの日本での常識とは異なっています。

特に、ティーショットやセカンドショットで
左右に打ち分かれたようなケースでは、
この方法はとても有効です。

どちらが遠いかではなく、先にボールにたどり着いて
次のショットの準備が出来たプレーヤーから、
同伴者の動向を注意しながら打っていくのです。
グリーン上のパットでも同じです。

このReady Golf実践には、
カートの運転にも、ひと工夫が必要です。

ハワイでは二人乗りのカート利用がほとんどですから、
皆さんは通常、遠いボールが同乗者でも自分でも、
まず最初に遠いほうのボールに行き、
それを打ち終わるのを待ってから、
もう一つのボールに向かってカートを動かします。
IMG_5838b
しかし、実はハワイではこれは悪い例になるのです。

ハワイでは、
まず同乗者をボールのところで降ろしたあと、
すぐ自分のボールの位置に移動します。
IMG_0504b

先にボールの場所に着いた人は、
カートからクラブを何本か持って降ります。
カートが去ってからクラブ選択に迷ってもいいようにです。

もちろん、同時に打ったり、他の人のインパクト音で驚かないよう、
同伴者の動向には注意を払っておく必要はありますが、
これだけでも頭に入れてカートを運転し、プレーを進めれば、
テンポ良く快適にラウンドできるのではないでしょうか。

日本にはない習慣で戸惑うかたも多いかもしれませんし、
せっかくのハワイでのゴルフなのだから、うるさいことを言わず
のんびりプレーさせてというお気持ちも判らなくはないのですが、
郷に入れば郷に従えという言葉もあるように、
このローカルマナーを次回は試してみてください。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索