トーナメントよりプロアマの雰囲気が好き

ヒデです。
先日終わったロッテ選手権2013。
2012年の時と同様にコオリナGCに連日のごとく通っていました。

と言っても、実は私はトーナメント本戦よりプロアマの雰囲気が好きです。
なので、少し時間が経ってしまいましたが、その時の話をしましょう。

プロ・アマの時は本戦と全く雰囲気が違います。
写真は撮れますし、ギャラリーもプロも大変リラックスしています。
練習場、練習グリーン、そしてラウンドも華やかで和やかな雰囲気でした。
IMG_5382

IMG_5383b

緊張しているのはプレーしているアマと大会関係者と、
ゴルフ場(コオリナGC)のスタッフぐらいなもので、
あとは非常にいい雰囲気でした。


LPGAロッテチャンピオンシップとして初めての開催だった2012年の時と違い、
今年は慌ただしい感じはしなかったです。

IMG_5434

プロは、各グリーンでいろいろなチェック。
練習場(アプローチエリア、グリーン、ドライビングレンジ)でも、
コーチが真剣にアドバイスをしてプロは時間をかけて打っています。

プロの試打用に用意されているゴルフクラブは、
オデッセイ(パター)、テラーメイド、キャロウエイ、アダムスです。

最近アダムスは男子、女子プロ又シニアツアーでとても多く、
非常に人気があるようですね。
IMG_5389
アダムスはウッドが有名ですが、私も使おうと思っています。

2012年優勝の宮里藍は、とてもリラックスした様子。
4名の男性アマとプレーしていました。
IMG_5407b

IMG_5418

ドライバーの距離は1番飛ぶ男性と同じぐらいです。
1スリーブずつのボールをプレゼントしていました。
IMG_5419

こちらは、宮里美香。
IMG_5440

ここに来る前にはパターの練習に長い時間をかけていました。
IMG_5430

プレイヤーのなかには、
キャデーとおそろいのウエアーを着ていたプロもいます。
IMG_5442

ミッシェル・ウィーは、韓国のカップル2組とプレーですが、
IMG_5456
いつもと同じく、彼女の両親は18ホール付いて回っています。

90度に腰を曲げるパタースタイルを、間近に見ることが出来ました。
IMG_5462

IMG_5464 IMG_5465

さて、本戦でのコース設定についての感想です。
当たり前の話ですが、グリーン,フェアウェイは大変綺麗です。
バンカーも、新しいやわらかい砂を適度に入れてありました。
DSC_1807

2012年にも強く感じましたが、
2013年も Tee の位置が飛ばないプレーヤーにも問題ない位置でした。
例えばコオリナGCはパー3が長いのですが、
4日間ともに短く、普段の白Teeと赤Teeの中間、
パー4はホールによって異なっていましたが全体的に短く、
パー5は短いので普段の青Teeに近い位置といった具合です。

やはりスポンサーがロッテなので、
韓国やアジアのプロに有利にしたのかもしれません。

その意図に反し結果は皆さんご存知のようになったわけですが、
スコアが19アンダーにも伸びた最大の理由は、これだと思います。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索