室田プロ伝授のハワイでのパッティング

Aloha! 元ゴルフ場マネジャーのヒサコです。

日本のシニアーツアーで常に上位にいる室田淳プロ、
毎年1月末から2月にかけてパールオープン出場の為
ハワイを訪れています。

R0014654b


R0014635b
(これらは、2008年のときのもの)

今年もトーナメントの前後2週間をハワイで過ごした室田プロに、
ハワイのゴルフコースに関する
とても参考になるアドバイスを戴きました。

ハワイでゴルフをする場合に
まず頭に入れておかなければいけない事は
「芝のタイプが全く違う」という事だそうです。

が、中でも芝の違いが一番良く表われるのがグリーン上です。

室田プロ
「日本のコースでパターをする場合は、
芝に合わせて送り出すように打てばカップに入ってくれるが、
ハワイのグリーンは芝目が強いのである程度しっかり打たないと
カップの廻りで蹴られてしまう事が多い」
「日本と同じように合わせて打って行ったら絶対に入らない」

と、貴重なアドバイスです。
ハワイのグリーンより日本のグリーンの方が素直だ、
という表現もされてました。

この点を理解できたら、かなりスコアーを伸ばせて
ハワイでのゴルフも、もっと楽しめる筈、だそうですよ。

ハワイのゴルフコースでは最近
塩水に強いパスパラムをグリーンに取り入れている所が多く、
ベント芝等に慣れている日本のゴルファー達が、
ハワイのグリーンを理解するのにはちょっと時間を要するようです。

このタイプの芝は、フロリダやテキサスのゴルフコースでも
良く使われているのですが、
芝目が強く見かけよりブレークが少ない、という特徴があります。

(イメージ)
IMG_5365b

IMG_5336b

57才になった今もレギュラーツアーのプロ達と同等に戦っている
室田プロですが、ボールの飛距離は若い選手にひけをとりません。
プロゴルファーとして日頃からの体力造りは勿論ですが、
室田プロがゴルフより大切にしているものが2つあるのです。
ひとつは家族、次が友達、そしてその次がゴルフなのだそうです。

ハワイの友人たちと、炉端焼きを楽しむ室田プロ。
室田プロ

室田プロの活躍の背景には素敵な家族や友達の支えがあるのですね。
そういえば、毎年1月初めに室田プロは奥様と3人のお嬢さんを連れて
1週間程ハワイで休暇を過ごされています。

一年中試合で家族と離れている時間が多いプロにとって、
家族との時間が一番心が休まるときなのでしょう。
そして、心を許せる友達も室田プロの人生にかかせない存在なのです。

試合中にはみられない室田さんの隠れた一面を覗かせて頂きました。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索