カポレイGC、スタッフのお気に入りホール

ドライバーの菅谷です。
今回は、2012年の秋に全米シニアチャンピオンシップのトーナメントが開催された
カポレイGCのスタッフに聞いてみた、お気に入りホールの紹介をお送りします。

ひまわりのロゴでも知られ日本人観光客に大人気のカポレイゴルフコース。
IMG_5306

ゴルフ場の顔とも言えるプロショップでは、
日本人スタッフが皆さまを出迎えてくれます。
IMG_5206

まずは、そのプロショップのフランクさん。
彼のお気に入りは、2番ホールと13番ホールでした。
どちらも、パーを取れればバーディーを取ったぐらいの価値があるほど、
難しいホールです。

どちらも、強い貿易風に悩まされることが多く、
しかもグリーンはかなりな砲台。
良いショットが続かないと攻略できないホールですので、
自分の調子を見極めるのにいいかもしれません。

次にお聞きしたのはスターターのジョンさん。(上の写真中央)
写真ではうかがい知れませんが、なかなかイケメンのジョンさんは、
6番ホールです。


IMG_5315b

距離は短いものの、これまた難易度の高いパー4で、
ティーショットは決して曲げられません。
IMG_5318b

しかも、セカンドショットで狙うグリーンは小さく、奥行きも狭く、
周りにはポットバンカーも待ち構えています。
IMG_5325

さらに強烈なコブでアンジュレーションがあり、
第二打でのグリーンオンを難しくしています。
IMG_5328

IMG_5331

そしてひと度グリーンを外すと、
アプローチが苦手な人は大叩きすること必須です。
IMG_5338

カポレイGCの芝はパスパラムで、
日本の芝と比べるとスティッキー、粘りっこいことから、
特にグリーン周りのアプローチでは、距離感、力加減が難しくなり、
多くの日本人観光客プレーヤーを悩ませています。

皆さん、お気に入りイコール難しいホールになっていますが、
プレーする機会の多い人達にとっては、
それだけ手応えがあるということなのでしょう。

同じくスターターのスティーブンさんは違いました。
IMG_5299b
ドローヒッターのスティーブンさんが気に入っているのは
1番ホールです。

カポレイゴルフコースでは、フロントナインからだけでなく、
バックナインから先にプレーすることもあるのですが、
基本的にはスターティングホールになる、この1番。

得てして最初は緊張するものですが、
フォローの風になることが多く、
右側は隣のホールということもあって、
最初から気分よくドライバーを振れるからというのが理由でした。
IMG_5303

ちなみに、フロントナインからプレーしていくと最後にあたる18番ホール。
IMG_5344

こちらはカポレイGCのシグネチャーホールにもなっている、
池に囲まれた二段グリーンで有名ですが、
IMG_5359

そのグリーンを狙うセカンドショット、
その前のフェアウェイキープを狙うティーショット、
どちらもミスが許されないホールでして、
ここをパーで上がれると「終わりよければ全てよし」
と納得してしまうホールなんです。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索