ステーキハウス「Wolf-Gang’s」がワイキキに

「ハワイに行くんだっらお勧めのステーキハウスがあるよ!」
NY勤務から戻った同僚のTedから声がかかりました。
「パークアベニューにあるステーキハウス「Wolf-Gang’s」がワイキキに
店を出してるんだ。4週間熟成させたポーターハウスステーキ、これ美味いぞぅ?」
の声に送られやってきました「秋のハワイ旅行」

こんにちは、
時々このブロブに投稿させていただいております松戸市在住のHirobuです。
今回はレストラン編に挑戦させていただきます。

半年ぶりに再会したカトウゴルフのマネージャYから
「美味いステーキハウスがあるから食べに行こうよ!ウォーフ・ガングって
言うんだけど知ってる?」
ネイティブぽい発音?に
うっ?と思いましたが全く偶然にも「ウルフ・ギャング」
早速、挑戦?する事になりました。
PB080774


PB080777b

場所はワイキキの中心ロイヤルハワイアンセンターC館3F
センターコートの真上左側にあり、解りやすい場所です。
IMG_4913

IMG_4930

6:30にスタート
メニューを見ると・・・・ありました。
U.S.D.A Prime, Dry Aged Steak for two ポーターハウスステーキ
IMG_4917b

前菜はマネージャーYお得意のトマトとオニオンのスライス
IMG_4941b

とウォルフギャングクラブケーキ。
IMG_4942b

メインはもちろんポーターハウスステーキ
IMG_4945b
油がジュージューと音を立ているお皿でサーブされます。

この部位はいわゆるTボーンステーキですが、
ストリップロインにテンダーロインの部分が1/3以上入った部分を言うそうで
最も高級なステーキになるそうです。
IMG_4948b

それを28日熟成させると一般的な赤身の歯ごたえのあるステーキとは違い
柔らかい日本人好みのステーキになっていくそうです。
IMG_4958b

28日間熟成させて旨味成分をギューッと凝縮させたこの肉、
その旨味が口に入れた瞬間一気に広がります。
IMG_4948c
う?ん確かに美味い!!

これに逢わせるワインのセレクトはマネージャーY
もちろんカルフォルニアを選択します。
1本目はポピュラーな「SIMI」Alexander Valley
エレガントですっきりしたタンニンの感触がお肉に
しっかりマリアージュします。
PB080788

2本目はNapaValleyの「WhiteHall Lane」
PB080793b

「ぶどうの凝縮された旨味と樽の香りのニュアンスを併せもち、
余韻にパワフルな後味を伴なう私好みのワインです」
・・なんて講釈よりとにかく美味しいです

「燦鳥」のヒレ肉(シャトーブリオン)、
焼き肉「HIROSHI」の特上カルビにも勝るとも劣らない美味さです。
霜降り肉もいいですが、
やはりミディアムレアの赤みの旨味の虜になりました!
デザートはクレームブリュレとバニラアイスをいただきました。
IMG_4969b

7:00頃だったかな、チョットした演出? がありました。
ディナータイム、冷房も良くきいた室内の窓には
店内の様子が反射していたのですが、突然大きな窓がフルオープン、
ロイヤルハワイアンセンターの中心の広場夜景が目の前に大きく広がり
店内はいっそうの盛り上がりを見せました。

ドレスコードは特別無いようですが、
ちょっとお洒落して出かけたい雰囲気の良いお店でした。
また近いうちに行けるといいな。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索