焼き肉「Hiroshi」

Aloha! 元ゴルフ場マネジャーのヒサコです。
ワイキキの一等地、免税店の真向かいにお店を構える焼き肉レストラン「ヒロシ」、
ゴルフ雑誌等でも何度か紹介され、日本からのゴルファーさん達にもお馴染みの
お店ですが、今日のレストラン紹介は焼き肉「Hiroshi」です。
P1040135

お店の入り口に「焼き肉」と日本語で書かれた暖簾が掛かっているので、
一見「大衆食堂」とも思えるイメージなのですが、、、
P1040181
とても美味しいお肉が食べられる本格的な焼き肉レストランなんです。
店内は一階は一般のお客様、2階は事前に予約してる団体や常連さんの為に
リザーブされているようです。


事前に予約を入れておいた我々は2階席に案内されました。
美味しそうな臭いがしています。お腹も空いてきました。

まず最初にビールと一緒に出て来たのはキムチとナムルの盛り合わせです。
焼き肉には絶対欠かせませんね。
続いて「ヒロシ特製サラダ」、自家製のドレッシングがとても良い味です。
P1040145

焼き肉なら、やはり「ロースカルビ」が最高ですが、
ヒロシのカルビは霜降りでまさに高級和牛肉の味わい、
口の中で蕩けてしまいそうです。
P1040160b

今日はもう一品 「あんちゃん」をオーダーしてみました。
P1040156b
実は私も初めてのトライなんですが、
ウエイターさんによると「あんちゃん」は肋骨の周りの肉なんだそうです。
歯ごたえがあってこれも癖になりそうです。

そしてもう一つ驚いたのはワインのコレクションです。
1瓶 $30のカルフォルニアワインから 1瓶 $1,000のオーパス・ワン迄
200種以上ものワインが揃っているんです。
これだけあると選ぶのにも迷ってしまいますが、、、
今日は Joseph Phelps のカベルネ・ソビーニオンにしてみました。
P1040149
柔らかいお肉によ?くあう贅沢なワインです。

オーナーの木村弘さんは、カリフォルニアで紅花レストランのシェフを経験した後、
1989年にワイキキに「Hiroshi」をオープンしました。
それから23年、今もお店は日本人観光客やロコの日系のお客様でいつも一杯です。

それにしても、こんなに美味しい肉を何所から仕入れるんでしょうか。
実はアメリカにも、日本の神戸牛と掛け合わせて誕生した「アメリカ産和牛」を
育てている牧場があるんです。
「ヒロシ」の肉も殆どが良質のアメリカ産和牛ですが、
最近はオーストラリア産の肉が味も品質もアメリカ和牛を上回るようになった為、
現在はオーストラリア産の霜降り肉も仕入れているとか。
P1040159b

「良質の肉を入れようと思うと競争相手も多く、
注文した分量の6割くらいしか手に入らない」と語る弘さん。
それでも、美味しい肉を期待して「ヒロシ」に来られるお客様に
できるだけ満足して もらえるようにと、いつも世界中に目を向けているのです。
高級カルビのお値段は決して安くはありませんが、
それだけの価値がある肉が食べられるのできっと満足される筈です。

焼き肉が好きな方、是非一度行ってみて下さいね。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索