ハワイ・プリンスGC・石川遼ハワイロケ

Aloha! 元ゴルフ場マネジャーのヒサコです。

毎年一月の第2週目にオアフ島で開催されているソニーオープン。
今年は日本のゴルフ界のスター、石川遼プロが出場した為、
大勢のファンが日本から応援に駆けつけました。その殆どが女性ファンだったとか。
残念ながら予選落ちしてしまった石川プロですが、実はトーナメントの後、
ハワイでもう一つ大きな仕事がはいっていたのです。

1月末の土曜日から既に放送されている、
石川遼スペシャル Respect ハワイ編の撮影です。

ラッキーな事に私が現地のコーディネーターをさせて戴きましたので、
その様子を御伝えしたいと思います。

撮影は二日間にわたって行われましたが、1月末から放送されたのは
ハワイプリンスGCのCコースで福富孝介選手と山崎武司選手をゲストに迎えての
対戦模様です。
P1030864


丁度ハワイでトレーニングキャンプ中だった両選手が
石川プロに2人のベストボールで挑戦しました。

まずティーグランドに立った福富選手、
練習スイングをしていると解説者の芹沢名人が、
クラブヘッドスピードを計ってみようという事になり
計測器をティーグランド上においたのです。
P1030836

いつも野球のバットを振って鍛えているからでしょうね。
ドライバーのヘッドスピードはプロより上回っていました。
勿論、山崎選手のヘッドスピードも同様。

この結果に石川プロも含めてスタッフの皆さんから
「えーっ、凄ーい」という言葉と同時に笑いが湧き起こりました(^_^)

既にご存知の方も多いと思いますが
最近シカゴのホワイトソックスとの1年契約が決まった福富選手と
セ・パ両リーグのホームラン王の山崎選手がチームになっての対戦ですから、
石川遼プロも気を抜けません。スコアーは殆どタイで進行していきました。

P1030843

P1030845

撮影中私達スタッフは、遠くにいても常にカメラのアングルに
気を使わなければなりません。
例えば、パー3のティーグランドにプレーヤーとカメラクルーがいて
スタッフがグリーン回りに待機しているいる場合は、
木の後ろに隠れたり坂の下に降りる等して、常に画面の背景に入らないように
気を使わなければいけないのです。

司会の大橋アナウンサーや芹沢名人はアットホーム的な雰囲気を盛り上げて
いましたが、背後にはそれを支えるスタッフの細かい配慮が有るのですね。

撮影終了後、次は牧野裕プロの「A to Z」ハワイ編の録画撮りです。
P1030852

何やらフェアウェイからセコンドショットを打つ場合のポイントを
説明しているようですが、
クラブハウスで待機していた私達にはレッスン内容は全く聞こえません。
とそこにプロデューサーが近寄って来て、「これで会話が良く聞こえるよ」
と言ってスタッフ用無線ラジオを貸してくれたんです。
そのイヤホーンを耳に当てると、、、聞こえます!目の前で話しているように
はっきりと会話が聞こえてきたその時、

「アマチュアは、行っては行けない所を意識しすぎる、
プロは行って欲しい所を必ずイメージする」

という牧野プロの印象に残るコメントが入ってきたのです。
まさにその通り!すばらしい言葉に感動を覚えた一瞬でした。

兎に角、和気あいあいのうちに撮影は終了、朝6時半前から準備を始め、
10時間近く走り回っていたスタッフの皆さん、
ゴルフコース側からも早朝から総支配人のテッドさんと
ホテルからアジア部門のセールス部長ニックさんが出迎えてくれ、
最後迄おつきあい頂きました。
P1030860

心配された天気も何とか持ち直してくれて無事にロケを終了しました。
お疲れさまでした。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索