コオリナGCでトーナメント準備始まる(前編)

各ゴルフ場では毎年恒例の、グリーンのエアレーションを行う時期です。
しかし、いつもなら春秋の年二回、きっちりグリーンのエアレーションを行う
コオリナゴルフクラブでは、今春だけ事情が違うようです。

というのも、すでにご存知のかたも多いことでしょう、4/18から4/21まで
LPGAのトーナメント、ロッテ チャンピオンシップがコオリナGCで開催される
ことになったからです。

IMG_3317b
プロショップの入口ドアにトーナメントのポスターが貼られています。

このため、本来ならグリーンのエアレーション実施のため休場が予定されていた
日に、トーナメントの準備作業が行われることになったのでした。
IMG_3301b

その様子を、カトウゴルフのスタッフ三人が研修を兼ねて見に行きましたので、
ドライバー菅谷とスタッフHにレポートしてもらいましょう。


ドライバー菅谷です。
コオリナGCでのトーナメント開催実績は、
なんとオープンした年の1990年から始まります。
そして1995年までの実に6年間、ハワイアンレディースオープンが開催され
続けました。その後も、2006年から2008年までの3年間に、
フィールズオープンも開催されています。

そのあと、将来を見据えてグリーンの芝をバミューダーからパスパランに変更、
メジャーなトーナメントは行われていませんでしたが、
2011年にディズニーリゾートのアウラニが開業するとともに、
コンディションはほぼパーフェクトに近い状態に戻っており、
その話が韓国のロッテ側に伝わって今回、満を持した形で、
2012 LPGA Lotte Championship Presented by J Golf 開催となりました。

ハワイで生まれ育ったミッシェルウィーも、もちろん参加します。
Poster_final
公式ポスター

ところで、お気づきでしょうか、今度のトーナメント。
決勝が4/21、土曜日になっています。

通常なら日曜日が最終日で、これが日本で放映されると時差の関係で月曜日に
なってしまうものですが、そこはこのトーナメントのスポンサーであるロッテと
韓国のゴルフ専門チャンネル、Jゴルフのことです。決勝ラウンドの放送が、
アジアでの日曜になるよう、時差を考慮して土曜までとなったのでした。

さて、コオリナ ゴルフクラブの話に戻りましょう。
最近プレーされたツアー参加のお客様からも、
「とってもいいコンディションですね!」と、レイアウトや景観のよさに加えて
グリーンにも非常に満足されている様子が伺えます。

通常、グリーンのエアレーションではコアリングをハワイでは行いますが、
それでは試合までにコンディションが回復しないため、今回コオリナGCは、
小さい穴を開けるスパイキングを実施しました。

さらに、細かい砂をまき、水をまくことで、土壌を硬くしてグリーンのスピードを
徐々に速めていくとのことです。プロレベルの速さに仕上げていくのは、
トーナメント本番の一週間前からだとか。

グリーンで行われていた作業の一部。
R0018785

まもなくすると、普段なら許可されているフェアウェイ内へのゴルフカート乗入れも、
トーナメントまでは制限されることになります。

その他にも、トーナメントに備えてコース内のメンテナンスに今から大忙しです。
スタッフ全員が出勤しての準備作業だったそうで、皆がトーナメントの成功を
願って一丸となって働いている様子が伝わってきます。

その忙しい最中に、お相手してくださったコオリナGCのスタッフ。
左からJustin、ChrisとTravis。
IMG_3278

ハワイのトーナメントでは、アメリカ本土や日本に比べてギャラリーも少なく、
選手がリラックスできるばかりか、観客とのコミュニケーションも容易です。
日本ではギャラリーが多くてじっくりゆっくり見られないとお嘆きのあなた、
これを口実に、ぜひハワイにいらして実物をご覧になられたら、いかがでしょう。

つづく。

4 件のトラックバック

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索