グリーンの芝目の見方とピッチマークに直し方

ゴルフ大好きなカマアイナDonです。今年も宜しくお願い致します。

さて今回はグリーンの芝目の見方とピッチマークに直し方について少し書きます。

グリーン上でもやはり順目や逆目が有ります。
芝目はゴルフ場の立地条件によって色々ですが今回は
一番基本的な事を皆様に紹介したいと思います。

海の側だと、潮風の吹く方向に芝が寝て順目。
水の流れる方に順目。
フェアウェイ側から奥に向かって人の歩く方向に順目。
太陽の沈む方に向かって順目。

芝が白っぽく見える所と黒っぽく(濃く)見える所があります。
これは時間によってそう見えるのではなく、見る方向によって違う芝目。
順目の方は白っぽく、逆目の方は黒っぽく見えます。
これは大町プロも言っていましたね。

以前マークさんがカップの周りを見ていました。
これは写真のように芝が綺麗に切れている方と切れていない方があり
芝の根元から葉先がどちらの方向に向かっているかを見て
順目と逆目を判断していました。

この写真の場合は、写真の左側から順目、右側からが逆目になります。
例えば下りにラインでも逆目の場合は、
しっかり打たないとショートしてしまいます。
逆は早いので難しいパットになってしまいます。
Turtle Bay Colf Course 409
是非お試し下さい。

次に、ピッチマークに直し方です


いつもピッチマークが付く訳ではないので
一度写真を撮り忘れるとなかなかチャンスが無かったりします。
今回は誰かが付けたピッチマークが残っていたのでそれを撮ってみました。

ピッチマークが付いた場合
まず写真のようにフォークをグリーンに刺し
指の方向に芝をたぐり寄せて直して行きます。
そして最後にパターで軽くたたいて平にします。
Turtle Bay Colf Course 383

Turtle Bay Colf Course 384

Turtle Bay Colf Course 385

Turtle Bay Colf Course 387

実は以前
私は直し方を知らず刺したフォークの先を上に上げていました。
穴が開いたのでその穴を持ち上げれば良いと思っていたのです。
それは大きな間違いで、それをしてしまうと芝の根が切れてしまって
芝が死んでしまうそうです。

皆さんの中にもまだ間違った直し方をしている人いませんか?
もし私と同じ直し方をしていた人はこの機会に直して下さい。

あっ!そー言えば皆さんフライヤーってご存知ですか?
天ぷらを揚げたり、フレンチフライ揚げたりするやつ?
(^_^;)確かにそれもフライヤーですが。今はゴルフのお話。

フライヤーとは、
ラフの中から打つ時に写真のようにクラブフェイスとボールの間に芝が挟まって
バックスピンがあまりかからず通常の距離よりも飛んでしまう事を言います。 
Turtle Bay Colf Course 411

例えば、150ヤードの距離を通常7番で打つとします。
これがラフから打ってフライヤーすると180ヤードとか
下手したらそれ以上飛んでしまうことが有り予測が非常に難しくなります。
これはヘッドスピードにもよりますが、PWでも十分って言う事もあります。
順目より逆目の方がフライヤーしやすかったりラフの長さによっても違ってきます。
ラフだからと言って力一杯スイングせず、
ゆっくりスイングした方がフライヤーしずらいので心がけましょう。(^_^)v

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索