たとえるなら美女と野獣? コオラウGC(1)

皆さんこんにちは!ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
「やって来ました!」シリーズ、今回はコオラウ ゴルフ クラブです。

今回は山岳コースにチャレンジしてきました。
P4080158k
(2003年4月撮影)
このコースにタイトルを付けるとしたらBeauty and Beast (美女と野獣)ですね。
景色はとっても美しく、コースは容赦なく牙をむいてくる。

コオラウはオアフ島の東側ある山脈。
元々はコオラウ火山という一つの山として形成されたものの一部が残ったもので、
「コオラウ」(koʻolau)とは、ハワイ語で「風上」を意味します。

Koolau G.C 023
ん!電線が邪魔!


?ここで歴史の勉強!?
コオラウ火山は、
先史時代にカルデラ頂上の大部分を含む東半分全体が太平洋の中へ崩落し、
残った西半分がコオラウ山脈となりました。
崩れ去った古代火山は、オアフ島の北東に向かって海底の上に約160kmにわたり
散らばった巨大な残骸として横たわっています。
現代のコオラウ山脈はオアフ島の風上側の海岸となっており、
風下側の沿岸都市ホノルルの背後にそびえています。ホノルルの住宅地の大部分は、
コオラウ山脈の風下側の斜面や谷に作られています。

コオラウ火山が最初に海底から噴火したのは250万年以上前と考えられていて、
当初は海底火山であったが、その後海面に達して、170万年前に休火山となるまで
成長を続けたと考えられています。

その後、火山は数十万年にわたって休眠を続け、その間に当初は滑らかだった
楯状火山の斜面は侵食によって削り取られ、さらに山全体がかなり沈下しました。
コオラウ火山の最高地点はもしかすると3000mを越えていたかもしれませんが、
今日では最高峰のPuʻu Konahuanuiの頂上でさえ僅か960mの高さです。

数十万年の休眠期間の後、
コオラウ火山は再び噴火を始め、過去50万年くらいの間に13回程度の噴火があり、
それによってダイヤモンド・ヘッド、ハナウマ湾、ココ・ヘッド、パンチボウル、
タンタラス山、ソルト・レイクなど、今日オアフ島東部地域のランドマークと
なっている地形の多くが作られました。

Koolau G.C 005
P4080181k
(下は2003年4月撮影)

と言うことで歴史の勉強はこの辺にして。

このコースはアメリカで最も難しいと言われているコースの一つです。
私も実は初めてで、皆にボールを沢山持って行った方が良いよー。と言われ
10個ほど用意して来ましたが果たして足りるのでしょうか?

まずはエントランス、
ホテルの入口みたいで本当にここなのかキョロキョロしちゃいました。
Koolau G.C 009

ん?十字架?やっぱりここじゃー無いのかなー?
Koolau G.C 007

とりあえず階段を下りてみたらPRO SHOPの文字が!あー良かった!
Koolau G.C 010

プレー前に色々お話を聞かせてくれたPRO SHOPのウォレスさん
元々は日本の会社がこのコースを建設し完成直後にバブルが崩壊して手放すことに。
その後アメリカの4人のドクターが購入、
そして、4年前教会がここを購入したそうです。
それで入口に十字架が有った訳ですね。
なるほどですね!(ん?どこかで聞いたこと有るセリフ?)←テレビの見すぎ。(^_^)
Koolau G.C 012

さー今日はいくらでプレーできるかなー!
Koolau G.C 016
え?プレー代をこれで決めるの?
実はKクラブと言うものが有ってメンバーフィー1年間$90

色々な特典が有る中、毎週水曜日はこのルーレットの日と言うことで
運が良ければただでプレー出来ちゃうそうです。
残念ながらハワイ在住者のみでビジターの方はメンバーになれないそうです。
Koolau G.C 017b

ここにはゴルフスクールも有って、このスクールにはソニーオープンで有名になった
TED FUJIKAWAさんなども通っていたそうです。
Koolau G.C 018

ではそろそろ出発で?す。

おまけ画像:
先史時代にあったという古代火山の火口の方角から望む、コオラウGC。
P4080148e
(2003年4月撮影)

つづく。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索