【第33回 パールオープン プロアマ】(2)

アロハ!
札幌在住、ゴルフをこよなく愛するフリーアナウンサーの佐賀野千晶です。

今回は、33回と長い歴史と伝統あるハワイの地域密着型トーナメント、
パールカントリークラブで開催されるパールオープンの本戦に先駆け2月10日に
行われたプロアマ戦、その終了後のパーティーの様子をレポートします。

すっかり日も落ちた頃、パーティ会場から素敵な歌声が聞こえてきました。
地元のミュージシャンが登場して、歌のステージが始まったようです。
pc proam stage
ハワイアンソングがとっても心地い?い♪

クラブハウス2階の会場は、関係者も含めると200人以上いたんじゃないかな?
食事とお酒とゴルフ話を楽しみながら、熱気ムンムンでした。


そんな中、開宴後すぐさま長蛇の列が出来たのがお寿司コーナー。
目の前で握ってくれるとあって、常に20人程並んでいる盛況ぶりでした。
列に並んでいる方達を見てみると、歴代優勝者の姿が…。
pc proam sushi

手前から2人目の黒い上着姿は、96年に優勝した横田真一プロ。
ネタケースをじ?っと見つめ『何を食べようか…』と悩んでいる様子。
かなり真剣な表情(笑)
そして、写真のちょうど正面に写っている白いパンツに黒のポロシャツ姿は、
昨年優勝したその勢いで日本ツアーで初の賞金シードを獲得した谷昭範プロ。

又デザートコーナーで両手にケーキを持ち嬉しそうにしているのは、
2006年優勝の丸山智弘プロです。
pc proam maruyama
丸山プロ、甘党かしら??

私はプロアマpartyの司会をする機会がチョコチョコあるんですけど、
ここまでプロがリラックスしている姿は日本ではあまり見ないな?、と。
日本だと、アマの皆さんはキチッとジャケット着用で参加される事が多いからか、
ちょっとかしこまった感じになっちゃうのかな?
それとも、ハワイの開放的な雰囲気が一層楽しい気分にさせてくれるのかな?

表彰式が終わった後は、全員参加のじゃんけん大会が行われました。
ここまでは、プロの司会者らしき方が進行していたんですけど、
突然マイクの前に現れた顔に見覚えが…。
しかも流暢な日本語で、『ジャンケンポンシマ?ス。』と。
pc proam meyer

日本ツアーでもお馴染み、グレゴリー・マイヤープロじゃないですか!
パールCC所属ということで、司会の大役を一生懸命つとめていました。
そして、その横でデービッド石井プロも賞品の受け渡しなど、大忙しの様子。
キャディバッグやクラブが当たるとあって、盛り上がっていましたよ。

そんな中、カメラ片手に全テーブルをまわって参加者の写真を撮っていたのは、
総支配人の佐野さん。
pc proam gm

“皆さんに楽しんでもらおう”と、総支配人も所属プロもスタッフ全員が一丸となってと頑張っている姿が印象的でした。

楽しいパーティは、8時半頃まで続いたのでした…。

翌日からの本戦は、ナント観戦無料なんですよ。
ローピングも無く選手との距離が物凄く近い試合でもありますし、
週末のパールCCは地元のゴルフファンで盛り上がるんでしょうね。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索