スティンプメーター

皆さんこんにちは、ゴルフ大好きなカマアイナDonです。
ゴルフの醍醐味と言えば、ドライバーを思い描く人も多いと思いますが、
もう一つはパッティングですね!
パッティングはドライバーと違い飛距離は関係ないのでパットだけの勝負なら
プロに勝てるかも?

と言う事で、
今回はそのパッティングに多大な影響を及ぼすグリーン速さについてです。

皆さんはグリーンの速さについてご存知ですか?
グリーンの速さは通常、写真のようなスティンプメーター(Stimpmeter)と呼ばれる
計測器で測って表記します。
P1193680b
スティンプメーターはアルミ押し出し材で出来ていて、
長さ91cm、幅4.4cm、V字型の溝の角度は145度に決められています。


これは、ロイヤル・クニアCCでコースメンテナンスをしているJAREDさんが、
スティンプメーターでグリーンのスピードを計測しているところです。
P1193681

このスティンプメーターには端から76cmのところに小穴があり、
測定時にはボールをそこに置いてスティンプメーターを徐々に傾けていきます。
ある角度までくると重力でボールが自然に転がり落ち、そのままグリーンの上を
ボールが転がっていきますが、その時ボールがグリーン上で何フィート転がったか、
その長さがグリーンの速さの目安になるのです。

一つのグリーンの速さを出すには、原則としてグリーンの平らな部分で3回ほど計測、
さらに反対向きでも同じことを繰り返し、計6回の平均値をとります。

誰でも平均して所定の速度(毎秒1.83m)でボールを走らせるために考案されたのが、
スティンプメーターなんです。

こうして求められたグリーン速さには、次のような基準もあるそうです。
 8 フィート    一般のコースの速さ
 9?11フィート 女子ツアートーナメントの速さ
10?12フィート 男子ツアートーナメントの速さ
13?14フィート マスターズの速さ

P1193682b

今日は堅苦しい話になりましたので、最後は話のネタに。

グリーン上にあるカップの大きさはプロもアマも万国共通で、
直径4.25インチ=10.8センチだとか。
P1193517
これはセントアンドリュースの水道管の大きさと言われています。 

2 件のトラックバック

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索