特徴のあるレイアウトと素晴らしい景色(オアフCC)

Aloha! 元ゴルフ場マネジャーのヒサコです。
オアフカントリークラブでのプレーも、終盤に差し掛かっています。
OCC back9
(ホール番号は、グリーンの近くに振ってあります。2003年撮影)

後半の9ホールにも特徴のあるレイアウトで景色も素晴らしいホールが沢山あります。
OCC #12 fairway
(12番ホール)


OCC #13 fairway
(13番ホール)

OCC #14 tee
OCC #14 green
(14番ホール)

中でも15番ホール(パー5)からの景色は絵に描いたようで非の打ち所がありません。
ここでは、同伴したカメラマンがシャッターを押す回数も心無しか多かったようです。
OCC #15 white tee
OCC #15 red tee
OCC #15 fairway
OCC #15 green

このコースでスコアーをまとめるには、言うまでもなくティーショットの落下地点への
気配りがポイントになりますが、ホノルルの街並と海に向かって正確なティーショットを
強いられる17番ホールも例外ではありません。
OCC #17 red tee

狭いフェアウェイの右側は深い茂み、 フェアウェイの左半分に落とすと
そのまま坂の下に流れてしまい、そこからグリーンへのショットは可也きつい打ち上げの
ショットになります。

同行したマネージャーYも終盤に入りちょっと気を許したのでしょうか、
OCC #17 white tee
ティーショットが左の坂の下まで転がってしまいました。
そこから残り120ヤード程でしたがグリーン奥のピンは 頭が僅かに見えるだけ、
しかしここが見せ所、とクラブを2つ?上げて完璧なショット。
OCC #17 fairway

このあとの結果は、ピン横ワンパットゾーンに見事2オンです。
『平らな臨海コースより山間コースが好き』というマネージャーYがそれを実証した
「今日一」のショットでした。

最終の18番ホールはあまりショットに影響のない谷越えのミドルホールです。
OCC #18 red tee

最後の力を振り絞ってマネージャーYはパー、
OCC #18 green
私もボギーでまとめて今日のプレーを終了しました。

かなり打ちのめされたような感覚でしたが、
時間的には4時間でラウンドを終了しましたのでレギュラーペースだった様です。
今日はメンバーの付き添い無しなのでクラブハウスでの休憩はできず
そのまま解散でしたが、オアフの街中に居ながらこんな雄大な自然の中でゴルフをして、
30分も掛からずに家にたどり着く、贅沢な一日でした。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索