ダブルティーをしないロイヤルクニアCC

アメリカ西海岸からハワイへ流れ着いて10年も経ってしまった、
ティーンエージャーの娘を持つゴルフ初心者のキャシーです!

ロイヤル・クニアCCでは6つのウォーター・ハザードがあるのですが、
実はこれ、全て地下水なんだそうです。
IMG_9585b

地下水が湧いてると、雨の後の水はけが悪いんじゃないか、って思われそうですけど…
逆を返すと、地中の中に吸収された水がウォーター・ハザードに流れて、水はけが良い
んです。それ以前にこのロイヤル・クニアCCがある地域は、そんなに降雨量が多い場所
ではないんですよ。私がお邪魔させて頂いた日もホノルル空港の辺りを通った時には、
雨がパラパラ降っていたのですが、ロイヤル・クニアCCに着くと、雲は多いものの、
青空まで見えてました。


このゴルフ場はダイヤモンドヘッドが見えるのが一番の特徴なのですが、
ふと後ろを見ると、ワイアナエ山脈も綺麗に見えます!
IMG_9594

このワイアナエ山脈、火山の残がいの一部で、山頂があるカアラ山はオアフ島で
一番標高が高い地点なんです。ダイヤモンドヘッド、パールハーバー、
そしてワイアナエ山脈まで一緒に見れちゃうのは、オアフ島広しと言えども、
ここしかありません!

ここ、ロイヤル・クニアでは、他とは違うエアレーション方法を行っているので、
通常2週間程待たないとコンディションが悪くてプレイ出来ないものですが、
3日程でプレーが出来ちゃうんです!
エアレーションはたいてい春秋の二回行われることが多く、その時期に日本から
『絶対にこの期間しか行けない』って言う方にも、ぴったり!
この、他とは違うエアレーション方法、ロイヤル・クニアCCのとても上質な土壌の
おかげなんだそうですよ!

それに加えて、ロイヤル・クニアCCの魅力と言えば、
やはり、2サムが平日にはギャランティーされるところと、
ダブルティーが無いところ、そして早朝ゴルフも出来ちゃうところでしょうね!

私がお邪魔させていただいた日も、平日だったので2人でまわられてる方が多かった
のを覚えております。

カトウゴルフが夏季限定で行っている早朝ゴルフツアーなら、
その日の午後に別なオプショナルツアーを入れる事も出来るし、
これからの暑い夏の時期、気温も湿度も上がる日中ではなくて、涼しい時間にプレー
出来るのも大きな魅力ですよね!

朝イチのゴルフは、どのコースでも出来ないことはないですが、ダブルティーをしない
ロイヤル・クニアCCだったら、誰も自分たちの前にプレーしてなくて、ゴルフ場を
貸し切りにしたような雰囲気を18ホール丸々味わえちゃうかも!

ダブルティーというのは、ご存知のかたも多いと思いますが、
インとアウト(ハワイではフロントとバック)で同時にスタートさせることです。

ダブルティーではない=シングルティーと言いますが、
このシングルティーにはダブルティーにありがちな、インからのスタート組と
アウトからのスタート組が入れ替わる二時間ほどの間の新規スタートの断絶がなく、
9時台や10時台など、他のコースでは存在しないことが多い時間帯を含めて、
理論的にはいつでもスタートが出来るメリットがあります。

今回何気に思ったのが、女性ゴルファーが多かった事!
男性の方と2サムでまわってらっしゃった方もいらっしゃいましたけど、
女性同士でラウンドを楽しんでらっしゃった方たちの姿も見えました。
女性ゴルファーの方って、ウェアの色が、グリーンの中に咲く花のようで、
すぐに判っちゃうんですよね。(≧∇≦)
みなさんのウェア、とっても素敵でした!(私もモノトーンじゃなくって、
ちょっと明るめの色を着よう!って思っちゃいました!)
つづく。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索