歩きのラウンドだったら結構きつい登りも

hirobuです。
今回は、由緒がありながら、意外に知られざるオアフ島のゴルフ場、
モアナルアGCでプレーしてきました。そのラウンドレポート続編を、お送りします。

このコース内には小川が流れていて、
ところどころのホールで、その「小川越え」があります。

まずは 1番263Y やや上りのPar4。
左180Y?右200Y辺りに横切る例の小川が早速ホールを横断。
ちょうど入れごろの位置で、側から超える方が無難です。

2番ホール、158Y。
ものすごい上り坂のショートホール。
上りの壁に向かってティーショットです。
R0016008b

手前傾斜のグリーンしかし芝目は逆、結構手こずります。
ホールアウトしたら、次の組に「鐘」を鳴らしてOKの合図を送ります。
後続は居なかったですが、記念に「カ?ン♪」
R0016035


3番ホール、
写真では分かりにくいのですが20m位の高低差を
豪快に打ちおろす357Y Par4
幅70?80Yはあるかと思える広々としたフェアウェイが眼下に
広がります。
贅沢を言えばここに、レインボーがかかったら最高でしょう!!
R0016042b

4番ホール、
3番で下ったので次は上りです。
思い切り打ち上げの413Y Par5
右側に民家が立ち並んでいるので、スライサーは要注意、
打ちこんだら自己責任です!
R0016063b

第一打は上り坂の途中に止まります。坂の上に運ぶには
280Y以上でないと無理、乗用カートだから良いようものの、
歩きのラウンドだったら、かなりきつい上りです。
R0016066b

第二打は明治の大砲のような構えになりながら振り抜くと
着地点から先は、広大でフラットなフェアウェイに続きます。

5番ホール 522Yは、
ストレートでけっこうフラットな広々としたPar5。
今日は晴天の絶好のコンディション、
ティーショットは気持ちよく青空に吸い込まれて行ったのですが、
アプローチで失敗、グリーンは多少大きいものの後方が砲台、
ラフも深く、グリーンオーバーしたため、アプローチはかなり難易度が高く
なってしまいました。花道を手前から攻めましょう。
R0016114b

6番326Y Par4をへて、
7番ホールは右ドッグレッグの340Y Par4。
右側に病院を見ながら進みます。
フェアフェー右側は窪みになっていますので
やや左側の白いFLAGが目印です。

ところで、
ものすごい上り坂の2番ホールや、思い切り打ち上げの4番ホールで上ったあと、
そこから緩い下りになっていましたが、最終ホールのレベルに戻る前に、
驚くべき展開が待ってました。
その話は次回に..。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索