風になびくピンフラッグ

アロハ!
ハワイでバケーションをすごしてきた、フリーアナウンサーの佐賀野千晶です。

ハワイカイGCでプレーの準備が整いました。この日は1番ホールからです。

1番H
1番ホールは、海を背に前方のココクレータに向かってのティショット。
この日の前半のショットはなかなか距離も出ていい感じ!
『ハワイでゴルフ三昧だから少し飛ぶようになったかな?』
な?んてホクホクしていたんですけど、
実は全て海からのフォローの風のおかげだったんです。

そう!ハワイカイGCは風がとっても強いんです。


6?9番ホールまでは、折り返すかたちで海に向かっていきます。
もう皆さんおわかりですね?
ここからはもろアゲンスト!!!!
飛ばなかった?(笑)
レギュラーティからの挑戦だっただけに、
距離が出ないと格段に難易度アップとなったのでした。
風になびく赤いピンフラッグ
グリーンを狙うショットは、風を計算してのクラブ選択が大事ですよ。

全体的にフラットで真っ直ぐなホールが多いので、
初めて訪れてもあまり問題ないんじゃないかな?というコースなのですが、
3番PAR5のティショットはちょっと気を付けて下さい。
ティインググランドの左に大きなフェンスがせり出していて、
これが視界に入りとっても打ちにくいのです。
3番
実は、前のホール2番グリーンでパッティング中、大きな音が2度聞こえてきました。
なんだろう?と思っていたら、
前の組の方がこのフェンスに当てちゃった音だったんですね?。

ここは無理は禁物。ティショットは安全に、正確に!

なるべくグリーン方向へ、とフェンスぎりぎりを狙うと、
『カツーーン』という音が悲しく響く事になるかも。
そんな事を言っている私は、というと…。
レギュラーティからだから少しでも距離を出したい、と3番ウッドを選択。
フェンスにこそ当たらなかったものの、
やはり気になってしまいミスショットでした(涙)
あ?あ、欲を出して失敗!失敗!!
455yとPAR5としては長くないので、アイアンで十分ですよ。

どのホールも、ミスショットをしてフェアウエイキープが出来なくても、
前がひらけてさえいればあまり問題ありません。
というのも、ここはラフが短いんです。
ラフ
ホラ!こんな感じなので、ラフからでもフェアウェイウッドが使えちゃいますよ。

もう一回続けます。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索