雑草もプレーヤーにとっては幸運の草?

ハワイカイGCのマネージャーHiroshiさんから、
ゴルフ場は造園業だということを印象付ける話を伺いました。

前回は、グリーンを硬くする目的で実施されるサンディングの話が出ましたが、
こちらはサンディングを行う前のグリーンです。

Hiroshiさんが指差しているあたりには、コケが生えていました。
R0016691b
ここは明朝、サンディングを行う予定だそうです。


次は、雑草抜きの話です。
ゴルフ場のメンテナンス・スタッフからは、忌み嫌われているクラブグラス。
その名前の由来は「蟹の爪」です。
R0016704b
黄色の矢印の先にある画面右下に、クラブグラスが一株、侵入しています。
また、左側のクラブグラスは、Hiroshiさんが引き抜いたもの。

このクラブグラスは、ゴルフ場のメンテナンス・スタッフからは、雑草とみられて
いますが、プレーヤーにとっては、クラブが抜けやすく打ちやすくなるので、
幸運の草だという話も、聞いたことがあります。

コオラウ・ゴルフコースやルアナヒルズ・カントリークラブなど、
コウラウ山脈に近く湿気の多いゴルフ場では、フェアウェイがクラブグラスで
覆われていると、Hiroshiさんから説明がありました。

プレーしながらも、途中で雑草駆除に励むHiroshiさん。
R0016640b
この画像の中で、周囲の緑に比べて白く光っているところが、クラブグラスです。
普通の芝に比べて幅広の葉を持つので、白く見えるのだとか。

Hiroshiさんにとっては、ゴルフプレーしにきたのだか、雑草抜きにきたのだか、
最後にはわからなくなってしまいましたが、ハーフだけで時間切れとなってしまい、
Hiroshiさんに貴重な話のお礼を言ってゴルフ場をあとにしました。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索