今年も2月にハワイ・パールオープン

Aloha! 元ゴルフ場マネジャーのヒサコです。
一週間あいてしまいましたが、先月初めにプレーしてきたパールCCレポートです。

R0015372b
(シグネチャーホールの#13 パー3)

パール・カントリークラブには、コース全体にかなり起伏があるので、
ティーショットにも打ち下ろしのホールがあれば、
打ち上げで前にグループがいてもティーグランドから見えないホールもあります。

そのため、それを説明したサインがおいてある所が何箇所かありますが、その一つは
パー5の17番ホールです。
#17 Tee Area2

チャンピオンシップティーは少し高台になっているのでそれ程問題にはなりませんが、
レギュラーティーとブルーティーは坂の下の方に設定されており、ティーショットの
落下地点は全く見えない状態です。

そのために高い柱の上に鏡が取り付けられていて、ティーグランドから死角になって
いる地点が見えるようにしてあるのです。

これとは反対に今日の最終ホールだったフロントの9番ホールは、打ち下ろしのティー
ショットで坂の下にいる前のグループが全く見えないため、ティーグランドの横に
信号が設けてあります。
打ち終わって2打目に行く前に、赤信号になるようにボタンを押していき、
下で後ろのグループが打っても安全なところに来た時に、
下にある信号機のボタンを押すとティーグラント横の信号が青になるようセットされて
いるのです。プレーヤーの安全を考えた心配りですね。


細川さんは、後半は大分グリーンに馴染んでかなりスコアーがまとまって来ましたが、
今日は、今ひとつ満足できないスコアーだったようです。
それでも、快晴に恵まれて気持ちの良いラウンドを終えた細川さんは、
「トーナメントが近いせいか、以前プレーしたときより大分コンディションが良く
なっていた。グリーンやコースの攻め方などアイデアが出来たので今日は大変収穫が
あった。」と感想を語ってくれました。

ラウンド終了後、2009年の6月に就任されたばかりの総支配人の佐野氏とお話する機会が
あり、「第32回パールオープン」の情報を頂きました。
2010年の開催日は2月12日から14日までの3日間で、予選会は同じ週の火曜日、9日に
行われるそうです。

R0015309b
(2008年開催時に撮影)

この後、日本のツアーでは大変活躍をしているデイビッド・石井プロの話題に
なりました。パールカントリークラブのディレクターでもある石井プロは、
パールオープンでは1980年の優勝を含め6回も優勝しているそうです。彼は今も地元の
ジュニアー達にレッスンをするなど、ハワイのゴルフ社会には大変貢献してます。

プレー終了後、19番ホールレストランを覗いてみました。
メニューは非常に日本人向けの物が多く地元のローカルゴルファー達もプレー終了後、
テレビを見ながら飲んだり食べたりして1?2時間仲間と過ごす事も多いようです。

人気のメニューはラーメンと餃子のセット、カレーライス、オックステールスープ、
鍋焼きうどん等。お腹を空かせたゴルファーにはオーダーしたい物ばかりです。
ラナイに座って真珠湾を背景にしたゴルフコースの景観を楽しみながら、
友とゴルフを語りながらの食事は何とも言えない満足感を与えてくれる事でしょう。

ハワイにいる間に是非一度はトライしていただきたいコースです。

この記事のトラックバック用URL

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

ブログ内検索